野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 二刀流と並ぶ球界変革「オープナー」 CY賞左腕「当初はバカげていると…」

二刀流と並ぶ球界変革「オープナー」 CY賞左腕「当初はバカげていると…」

2018年、メジャーは“二刀流”大谷翔平の登場に沸いた。打って投げての本格的二刀流は、野球の神様と呼ばれるベーブ・ルース以来、実に100年ぶりの出来事だった。大谷は右肘靱帯の故障のため、途中戦列を離れたが、投手として4勝2敗、防御率3.31、打者として打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁を記録。今季のア・リーグ新人王に輝いた。

レイズのブレイク・スネル【写真:Getty Images】
レイズのブレイク・スネル【写真:Getty Images】

今季レイズは先発が足りず、やむを得ずブルペンデーを採用

 2018年、メジャーは“二刀流”大谷翔平の登場に沸いた。打って投げての本格的二刀流は、野球の神様と呼ばれるベーブ・ルース以来、実に100年ぶりの出来事だった。大谷は右肘靱帯の故障のため、途中戦列を離れたが、投手として4勝2敗、防御率3.31、打者として打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁を記録。今季のア・リーグ新人王に輝いた。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 大谷の活躍を受けて、メジャーでは二刀流という考え方に門戸が開かれたが、今季はもう1つ、球界に新たな概念をもたらす出来事があった。それが「オープナー」の採用だ。MLB公式サイトでは「レイズ改革の始まり」と題した特集記事を掲載。そこで「オープナー」の第一人者になったベテラン救援セルジオ・ロモにインタビューを行っている。

 二刀流・大谷を擁することで、通常5人の先発ローテを6人に増やし、週に1度の先発スケジュールに変えようとしたエンゼルス。それに対して、レイズは故障などから先発投手の数が足りず、先発4人+救援投手のリレーで凌ぐ「ブルペンデー」を用いるしかない状況になった。「ブルペンデー」は必要から生まれた産物だったという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」