野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「教室ではおとなしい」―女房役が明かす、創志学園・西純矢の素顔と“進化”

夏の甲子園での背番号は7。創志学園の横関隼捕手(2年)は、前チームでは絶対的な正捕手・藤原駿也がいたため打撃の良さを買われて外野を守っていた。中学3年の夏に甲子園に出ている創志学園を見て「ここで甲子園を目指したい」と徳島から岡山へ。中学から捕手1本でプレーし、肩の強さには自信を持っていた。

創志学園・横関隼【写真:沢井史】
創志学園・横関隼【写真:沢井史】

正捕手でキャプテンの横関「西の最大の持ち味はストレート」

 夏の甲子園での背番号は7。創志学園の横関隼捕手(2年)は、前チームでは絶対的な正捕手・藤原駿也がいたため打撃の良さを買われて外野を守っていた。中学3年の夏に甲子園に出ている創志学園を見て「ここで甲子園を目指したい」と徳島から岡山へ。中学から捕手1本でプレーし、肩の強さには自信を持っていた。

 そして、高校で当時からスピードでは評判の高かった現在のエース右腕・西純矢と出会った。入学間もない4月にブルペンでボールを受けたが「中学時代から試合をしたことがあって速い球だとは知っていたんですけれど、速すぎて怖かった覚えがあります。実際に受けてもすごく速かったです」。今でも月に2度はミットのヒモが切れてしまうほどの衝撃がある。

“女房役”という言葉があるように、捕手は常に相棒でもあるエースのことを考えなくてはいけない。新チームがスタートし、本格的に西とバッテリーを組むにあたり「西の最大の持ち味はストレート。変化球に頼らずに、いかに良いストレートを投げさせるか。ストレートが良くなればおのずと変化球も生きてくる」と、ストレートを軸にリードを組み立ててきた。

 スライダーに頼らず、いかにストレートで勝負できるか。試合前に長澤監督から「スライダー封印令」を出された試合もあり、ツーシームやチェンジアップなど新たに使える変化球も模索してきた。実はツーシームを投げるようになったのはこの秋から。「西は手先が器用で遊び感覚で投げていたボールもすぐに自分のものにできる。チェンジアップもそんな感じで覚えたんです。実際に左打者に対して有効でした」。

 秋までは感情に動かされることが多かったエースに対し、マウンドでは野球とは関係ない話をして気持ちをほぐすことを心掛ける。普段から仲が良く、2棟ある野球部寮のうち「バッテリー寮」で西とは1年から同部屋だ。クラスも同じで「西は教室ではおとなしくて、いつも野球に関する本を読んでいます」と相棒の普段の姿を明かす。寮の部屋にはテレビもなく、携帯電話は原則禁止。それでも部屋では野球の話題になることがほとんどだ。

 中国大会が終わってから、横関はキャプテンに就任した。元々は副キャプテンだったが、1年生の夏からベンチ入りし、今夏も甲子園を経験。積み重ねてきた経験値をどこかで生かしたいと思ってきた。

「中国大会後に監督さんから“やってみるか”と言われてすぐに返事をしました。迷いはなかったです。秋に負けたことに自分の責任を感じていたので、自分がキャプテンになって何かを変えたかったんです」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」