野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 打てる捕手でも大台超えは難関? 年俸に反映されにくい捕手の貢献

打てる捕手でも大台超えは難関? 年俸に反映されにくい捕手の貢献

ソフトバンクの甲斐拓也捕手が26日、ヤフオクドームの球団事務所で2回目の契約更改交渉を行い、2500万円アップとなる年俸6500万円でサインした。1回目の交渉から1000万円を上積みに成功したが、その一方で球界の捕手陣に“辛口”な査定も見えてきた(金額は推定)。

ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】

盗塁阻止率12球団トップの甲斐も嘆き節?「やっぱり打たないと」

 甲斐は今季キャリアハイとなる133試合に出場。盗塁阻止率は12球団で唯一、4割を超える.447をマーク。日本シリーズでは6連続盗塁阻止を記録するなど守備面で2年連続日本一に貢献した。その一方で、打撃では下位打線を任され363打席。規定打席に届かず、打率も前年を下回る.213だった。

【PR】いよいよ3月23日から巨人戦のライブ配信がスタート プロ野球を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2度目の交渉で1000万円上積みの2500万円増で年俸6500万円を勝ち取ったとはいえ、甲斐キャノンと呼ばれる強肩で不安定だった正捕手問題を解消。チームの躍進を支えたことはもっと評価されても…との声があるが、守りでチーム貢献する“守備型捕手”には厳しい12球団の査定も見えてきた。

 12球団の年俸トップは2年連続で沢村賞に輝いた巨人・菅野智之投手の6億5000万円。2位以降はソフトバンク・柳田悠岐外野手(5億7000万円)、巨人・坂本勇人内野手、西武からFA移籍した楽天の浅村栄斗内野手(5億円)らが並ぶが、上位勢に捕手の名前は出てこない。ここまでの12球団の捕手を見ると、来季から4年ぶりに捕手復帰する巨人・阿部慎之助の1億6000万円が最高だ。捕手2位は西武から巨人へFA移籍した炭谷銀仁朗捕手の年俸1億5000万円と、いずれも実績のある捕手が並んでいる。広島で打率.305、13本塁打、42打点と“打てる捕手”としてリーグV3に貢献した會澤翼捕手は4200万円アップの年俸9200万円。球界の捕手陣では1番の昇給となったが、大台突破とはいかなかった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」