野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 2018年契約更改はどうなった? アップ率3位に松坂大輔、最高年俸は菅野に

2018年契約更改はどうなった? アップ率3位に松坂大輔、最高年俸は菅野に

2018年も残り、あと2日。広島と西武がペナントレースを制し、ソフトバンクが日本一となった今年もトッププレーヤーのスーパープレーの数々によって、大いに楽しませてもらった。各球団も仕事納めとなり、新しい年を迎えようとしている。

中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】
中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】

6億5000万円の菅野が最高額、5億7000万円の柳田が2位

 2018年も残り、あと2日。広島と西武がペナントレースを制し、ソフトバンクが日本一となった今年もトッププレーヤーのスーパープレーの数々によって、大いに楽しませてもらった。各球団も仕事納めとなり、新しい年を迎えようとしている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 来季の年俸が決まる、球団と選手たちの契約更改交渉も、ほとんどがここまでに終了。大幅アップ、大幅ダウンなど悲喜こもごもの内容となったが、ファンの大きな関心を集めることとなった。そこで、今オフの各球団の契約更改を振り返り、契約更改の“あれこれ”を見ていきたい。(日本人選手のみ、FAや自由契約で移籍した選手は除く)

○球界高年俸トップ3
巨人・菅野智之投手 6億5000万円
ソフトバンク・柳田悠岐外野手 5億7000万円
巨人・坂本勇人内野手 5億円

 来季の球界最高年俸に立ったのは、巨人の菅野。今季は15勝8敗、防御率2.14で2年連続最多勝、最優秀防御率をマーク。自身初めて200投球回を超え、2度の3試合連続完封を含む10完投8完封と圧巻の成績を残し、沢村賞にも輝いた。オフの契約更改では2億円増の6億5000万円に。2位はソフトバンクの柳田。今季はキャリアハイとなる36本塁打102打点を記録し、7000万円増の5億7000万円に。3位には巨人の坂本で1億5000万円増の5億円で更改した。ここに次ぐのが、FA組の2人で楽天の浅村栄斗内野手(5億円)、巨人の丸佳浩外野手(4億5000万円)、そしてヤクルトの山田哲人内野手(4億3000万円)が続く。

○アップ額トップ3
菅野智之 2億円増(6億5000万円)
坂本勇人 1億5000万円増(5億円)
森唯斗 1億5000万円増(2億8000万円)

 アップ額のワン、ツーは、巨人の菅野と坂本。菅野は2億円増、坂本は1億5000万円増と破格のアップに。そしてソフトバンクの森。今季は怪我で離脱したサファテの代役としてクローザーを務めた。契約更改では1億3000万円から1億5000万円増の2億8000万円で更改した。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」