野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

17年ぶり最下位から巻き返しを狙う阪神 2019年ブレーク期待の若手5選手

昨季17年ぶりの最下位に沈んだ阪神。チーム本塁打はリーグワーストの85本、チーム打率.253、577得点は同5位と貧打に泣く結果となった。糸井嘉男、福留孝介といったベテランが中軸に座る打線はあまりにも寂しい。最下位からの巻き返しには若手の成長が不可欠。ここでは2019年にブレークが期待される5選手を挙げてみる。

阪神・熊谷敬宥【写真:荒川祐史】
阪神・熊谷敬宥【写真:荒川祐史】

高橋遥はルーキーイヤーで2勝、福永はファーム2冠に輝く

 昨季17年ぶりの最下位に沈んだ阪神。チーム本塁打はリーグワーストの85本、チーム打率.253、577得点は同5位と貧打に泣く結果となった。糸井嘉男、福留孝介といったベテランが中軸に座る打線はあまりにも寂しい。最下位からの巻き返しには若手の成長が不可欠。ここでは2019年にブレークが期待される5選手を挙げてみる。

【PR】オープン戦をライブ中継&見逃し配信 阪神戦を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

○高橋遥人(今季2年目・23歳)
 ルーキーイヤーの昨季は4月11日の広島戦で1軍デビューを果たすと、7回2安打無失点の快投で59年ぶりとなる新人投手の先発デビュー戦勝利を記録。大車輪の活躍が期待されたが左肩のケガで6月に登録を抹消されその後は1軍昇格はなし。6試合に登板し2勝3敗、防御率3.63にとどまったが、潜在能力の高さは十分に見せた1年だった。

○福永春吾(今季3年目・24歳)
 昨季は1軍で2試合の登板に終わったが、2軍では20試合に登板し7勝2敗1セーブ、防御率3.80、勝率.778でファーム2冠に輝いた。150キロを超す直球とスライダー、フォークを武器に先発、中継ぎをこなす右腕。若手、中堅、ベテランと実力者が揃う1軍へのハードルは高いが楽しみな逸材。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」