野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 2018年の大谷翔平名場面 “幻の完全”にメジャー洗礼…編集部が選ぶ5傑【投手編】

2018年の大谷翔平名場面 “幻の完全”にメジャー洗礼…編集部が選ぶ5傑【投手編】

メジャーでも二刀流を継続し、ベーブ・ルースと比較される中で日本人17年ぶり4人目の新人王を受賞したエンゼルス大谷翔平投手。昨季は右肘内側側副靭帯を損傷するなどシーズンを通した活躍はできなかったが、日本ハム時代に見せた高いポテンシャルはメジャーでも通用することを証明した。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

右肘故障で戦線離脱も、全米に衝撃十分なパフォーマンス披露

 メジャーでも二刀流を継続し、ベーブ・ルースと比較される中で日本人17年ぶり4人目の新人王を受賞したエンゼルス大谷翔平投手。昨季は右肘内側側副靭帯を損傷するなどシーズンを通した活躍はできなかったが、日本ハム時代に見せた高いポテンシャルはメジャーでも通用することを証明した。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 投手・大谷は、昨季10試合の登板にとどまったものの、4勝2敗、防御率3.31。51回2/3で63三振を奪い、WHIP(1イニングあたりの四球+安打)1.16の成績を残した。時速100マイル(約161キロ)を超える剛速球、切れ味鋭いスライダーで沸かせた投手・大谷の名場面から、Full-Count編集部では独自にトップ5を選出。記憶に残る名場面を振り返りたい。

○第5位:世界一レッドソックスから浴びたメジャーの洗礼

 開幕2連勝で迎えた4月17日の本拠地レッドソックス戦は厳しい投球となった。初回、先頭のベッツにフルカウントから97マイル(約156キロ)の直球を捉えられ、左中間ソロを被弾。先頭打者弾はメジャー初の屈辱だった。2回は2安打2四球などで2失点。スプリットの制球に苦しみ、13球を投げて空振りゼロ。右手中指マメの影響で降板し、メジャー自己最短の2回4安打3失点だった。

 シーズン終了後、大谷は昨季対戦した中で1番印象に残った打者にベッツを挙げていた。ベッツは打率.346で首位打者。32本塁打、30盗塁でトリプルスリーも達成し、自身初のMVPを受賞するなど、チームのワールドシリーズ制覇の原動力となった。投手復帰が期待される2020年以降の直接対決は注目されることとなりそうだ。

○第4位:イチロー御前試合で快投

 5月6日の敵地マリナーズ戦は、憧れのイチローの眼前で6回0/3を投げ、6安打2失点6奪三振と快投。4月中に負った右手中指マメや左足首捻挫の影響も感じさせず、1か月ぶりの3勝目を挙げた。日本を代表する投打スーパースターの直接対決が期待されたが、直前の3日にイチローは会長付特別補佐に就任し、シーズン中の欠場が決定。夢の対決は実現しなかったが、ベンチ裏でテレビ観戦していた天才打者から「そりゃあ対戦したいですよ。なかなか欠点が見つけづらい。特別な才能ですからね」と称賛された。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」