野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 2018年の大谷翔平名場面 豪快初アーチに祝福儀式…編集部が選ぶ5傑【打者編】

2018年の大谷翔平名場面 豪快初アーチに祝福儀式…編集部が選ぶ5傑【打者編】

メジャーでも二刀流を継続し、日本人17年ぶり4人目の新人王を受賞したエンゼルス大谷翔平投手。2018年はスプリングトレーニングからファンやメディアに一挙手一投足を追われる中で数々の名場面を生み出した。今回は打者・大谷翔平の2018年名場面トップ5をFull-Count編集部が独自に選出。メジャー1年目の昨季は104試合出場し、打率.285、93安打、22本塁打、61打点、10盗塁、102三振、OPS.925を記録した打撃で、第1位に輝いた場面は?

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

編集部が独自選出、サイヤング賞&通算204勝右腕からの一撃も…

 メジャーでも二刀流を継続し、日本人17年ぶり4人目の新人王を受賞したエンゼルス大谷翔平投手。2018年はスプリングトレーニングからファンやメディアに一挙手一投足を追われる中で数々の名場面を生み出した。今回は打者・大谷翔平の2018年名場面トップ5をFull-Count編集部が独自に選出。メジャー1年目の昨季は104試合出場し、打率.285、93安打、22本塁打、61打点、10盗塁、102三振、OPS.925を記録した打撃で、第1位に輝いた場面は?

【PR】大谷翔平、衝撃のMLB1年目を振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

○第5位:メジャー初打席初安打

 3月29日のアスレチックスとの開幕戦で「8番・指名打者」で先発出場。日本ハムで新人だった2013年と同じ8番スタメンでの初出場となった。打者としてメジャーデビューを果たすと、1点リードの2回2死一塁の初打席でグレーブマンの初球を捉えて、鮮やかな右前安打を放った。敵地で沸いたブーイングを黙らせる快音を響かせた。

 日本人野手のメジャーデビュー戦初安打は、2013年のジャイアンツ田中賢介以来12人目。初打席初安打はメッツ新庄剛志、ヤンキース松井秀喜、メッツ松井稼頭央、ドジャース中村紀洋、カブス福留孝介以来6人目だった。大谷は「やっぱりうれしかったし、なんとか勝ちに貢献できるように頑張りたかった。おそらくこの先忘れることのできない打席になる。すごい特別な感情はある」と振り返った。この1安打から二刀流・大谷の伝説が始まった。

○第4位:サイ・ヤング賞2度のクルーバー撃ち

 2017年にリーグトップの18勝を挙げ、自身2度目のサイ・ヤング賞に輝いたクルーバーとの初対戦は4月4日の本拠地インディアンス戦。衝撃的な一発は0-2で迎えた5回2死二塁だった。3球目の外角直球を強振すると、打球は中堅左への2試合連発となる2号2ランとなった。これが日米通算50号。大谷は「見れば誰もが素晴らしいと分かる投手。ワンチャンスでホームランにできたのは流れ的によかった」と振り返った。

 オープン戦では打率.125。長打は1本もなかった。開幕前に米スカウトから「大谷は高校生みたいなもの」と酷評され、二刀流に懐疑的な視線を向けていた地元メディアの度肝を抜く一発。投手では開幕2連勝し、打撃では打率.462(13打数6安打)、3本塁打、7打点の活躍で、ア・リーグ週間MVP(対象期間4月2日~8日)に選ばれた。23歳9か月での受賞は日本人最年少、メジャー1年目の4月上旬の選出は最速だった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」