野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

大谷翔平は打者1本で50発、二刀流で3割30本 長谷川滋利氏が語る可能性

エンゼルスの大谷翔平投手は投打の二刀流で全米を沸かせ、ア・リーグ新人王に輝いた。オリックス、マリナーズ、エンゼルスで日米通算102勝をマークした長谷川滋利氏は、二刀流ルーキーがメジャー1年目で活躍できた理由をどう考えるのか。「打者・大谷」の凄さと、今後の可能性について語ってくれた。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

メジャー1年目で自己最多の22本塁打を放った大谷「松井に匹敵、あるいはそれ以上」

 エンゼルスの大谷翔平投手は投打の二刀流で全米を沸かせ、ア・リーグ新人王に輝いた。オリックス、マリナーズ、エンゼルスで日米通算102勝をマークした長谷川滋利氏は、二刀流ルーキーがメジャー1年目で活躍できた理由をどう考えるのか。「打者・大谷」の凄さと、今後の可能性について語ってくれた。

 大谷は昨季、投手で10試合に登板し4勝2敗、防御率3.31、打者として打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁とチームの中軸として移籍1年目から大活躍を見せた。「打者・大谷」はメジャーの舞台で自己最多タイとなる22発を放ったが、長谷川氏は「日本の感覚だとこれまでは松井秀喜が一番のホームランバッターという認識だったでしょうが、それに匹敵する、あるいはそれ以上のバッターが出てきたのかなと思います」と、メジャーの中でも屈指の長距離砲と評価した。

 スプリングトレーニングでは結果が出ず懐疑的な見方もあったが、打撃フォームをすり足に変更し、メジャー特有の“動く球”に対応。長谷川氏も当初は「春のキャンプの時に見た時はボールを捉えていなくて、あれ?っと思った」というが「フォームを変更してアジャストしてきた。そこまでバットを振らなくても大きな当たりを打てることを分かったと思う。シーズンを通して打撃面では何かを掴んだ感じがします」と対応能力の高さに驚きを覚えたという。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」