野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

背番号「50」引き継いだ鷹ドラ4、摂津は「偉大な方。自分もそうなるように」

ソフトバンクのドラフト4位ルーキー・板東湧梧投手が9日、新人合同自主トレで汗を流した。

新人合同自主トレに臨んだソフトバンクの板東湧梧【写真:藤浦一都】
新人合同自主トレに臨んだソフトバンクの板東湧梧【写真:藤浦一都】

ドラフト4位の板東、プロの“見れらる練習”に「疲れました」

 ソフトバンクのドラフト4位ルーキー・板東湧梧投手が9日、新人合同自主トレで汗を流した。

【PR】オープン戦をライブ中継&見逃し配信 ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 摂津正氏が引退会見を行った翌日、背番号「50」を受け継いだ板東が新人合同自主トレでプロ生活を本格的にスタートさせた。

「いろんな人に見られるので疲れました。これまでに練習をこんなに人に見られることはなかったですから」と、練習メニューの内容よりもプロならではの“見られる練習”に戸惑い気味。同日、ドラフト2位の杉山一樹投手がブルペンに入ったが「若干焦る気持ちはありますが、焦ってはダメ。自分のペースを守っていきたい」と、キャンプまでにしっかり身体を作っていくつもりだ。
 
 また、摂津の引退について「記憶にも記録にも残る選手ですし、偉大な方の背番号を受け継いだ以上、自分もそうなるようにやっていきたいですし、やれないといけないと思います。できることからやって、それを積み重ねていくことで、いずれはそういう投手になっていければと思います」と目を輝かせた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」