野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 20件の返信に80件の“反撃”―現役MLB右腕がSNSで大学生に「嫌がらせ」!?

20件の返信に80件の“反撃”―現役MLB右腕がSNSで大学生に「嫌がらせ」!?

オフに入ってからも、自身のSNSで積極的な情報発信を続けているインディアンスのトレバー・バウアー投手。だが、米全国紙「USAトゥデー」は「ある大学生がトレバー・バウアーからのツイッターでのハラスメント被害を告白」と題し、昨季12勝6敗、防御率2.21という好成績を残した右腕がツイッターで騒動を起こしたことを伝えている。

インディアンスのトレバー・バウアー【写真:Getty Images】
インディアンスのトレバー・バウアー【写真:Getty Images】

インディアンスのお騒がせ男バウアーがまたも“炎上”、米全国紙が伝える

 オフに入ってからも、自身のSNSで積極的な情報発信を続けているインディアンスのトレバー・バウアー投手。だが、米全国紙「USAトゥデー」は「ある大学生がトレバー・バウアーからのツイッターでのハラスメント被害を告白」と題し、昨季12勝6敗、防御率2.21という好成績を残した右腕がツイッターで騒動を起こしたことを伝えている。

【PR】6月25日まで加入後2か月無料キャンペーン中! ベースボール&スポーツを観るなら「DAZN」

 バウアーは昨季初めてオールスターに出場し、サイ・ヤング賞投票でも6位に入るなど、MLBを代表するピッチャーに成長を遂げた。熱心なツイッター活動でも知られ、これまでも「アストロズ投手陣が松ヤニを使っているに違いない!」との疑惑や、独自のスタッツで「今季のサイ・ヤング賞を取るべきだったのは自分」などのユニークな投稿を行い、投手とツイッターの“二刀流”として話題をさらっていた。

 今回、バウアーの標的になったのはテキサス州立大の学生、ニッキー・ジャイルズさん。インディアンスの公式Facebookページに、バウアーとバウアーのフォロワーから受けた“被害”を告白した。「USAトゥデー」の取材に対し、「(この嫌がらせのせいで)ここ3日間は最悪でした。毎日泣いていて、泣きながら家族に電話していました」と涙ながらに訴えた。

 バウアーは一体何をしたのか。この一連の炎上劇は土曜日の夜、アレックス・ブレグマンの「君は今年のプレーオフで本当に素晴らしい活躍(笑)をしたよね!」という皮肉めいたツイートに対し、バウアーが「君より優れていると認めてくれてありがとう!」という返信をしたところから始まったという。お気に入りの選手であるブレグマンと、バウアーのこのやり取りにジャイルズさんは冗談めかしてこのようにツイートした。

「すべてのスポーツ選手の中で、バウアーが一番嫌いになったわ!」

 すると、バウアーが「僕のファンクラブにようこそ!」と反応。この後、いくつかやり取りが続いたが、両者ともに冗談を言い合っており、ここまでは何ら問題はなかった。しかし、ジャイルズさんが、バウアーがワールドシリーズのチャンピオンリングを持っていない、と煽るような返信をしたことが、怒りを呼んでしまったようだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」