野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハム栗山監督が語る新人の魅力 万波は「スケール大きい」、柿木は「体できてる」

日本ハムの栗山英樹監督が9日、千葉・鎌ヶ谷でスタートした新人合同自主トレを視察。「とても楽しみ」と声を弾ませた。

新人合同自主トレを視察した日本ハム・栗山英樹監督【写真:石川加奈子】
新人合同自主トレを視察した日本ハム・栗山英樹監督【写真:石川加奈子】

ドラ1吉田は「体がいい感じで締まってきた」、田宮は「動き良かった」

 日本ハムの栗山英樹監督が9日、千葉・鎌ヶ谷でスタートした新人合同自主トレを視察。「とても楽しみ」と声を弾ませた。

【PR】オープン戦をライブ中継&見逃し配信 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 新人8人のプレーはこれまで、ほぼ映像でしか見たことがなかった。実際に動いている姿を見て「学生服や私服で会っている時よりも、野球選手としてのバランスがいいという選手が多かった」とうれしそうに語った。

 ドラフト1位の吉田輝星投手については「体もいい感じで締まってきたし、表情もすごく良かった。ここに向かってどういう準備をしてきたかというのが出ていた。キャッチボールの感じが思った通り」とあらためて惚れ直した。

 ほかの選手の魅力についても言及。「アップでの体の動きを見ていたら、万波(中正外野手)のスケールの大きさがすごくあるし、柿木(蓮投手)は落ち着いた感じ。体ができているな、自分のやるべきこと知っているなという部分がある。動きとしては田宮(裕涼捕手)なんかもすごく良かった。高校生が多い時は、高校生が中心になって動くので、それを生田目(翼投手)も福田(俊投手)もちゃんと捉えながらやってくれている。ティーでバットを振ったら、野村佑希(内野手)の感じがいい。打つ方は何も直すことがない。あのままいってほしいよね。普通に打つだろうなという感じがする」と印象を語った。

 前日8日には合宿所で一人一人と面談し、この日もグラウンドに8人を集めて口を開いた。「うちのスタートは2月16日の紅白戦。それをしっかりと目指してくれ」と最初の目標を設定。さらにケガのないように準備することと、人として成長することを求めた。

「僕にとっては、10年目(の選手)も1年目(の選手)も関係ない。勝つためにみんなの力が必要だと伝えた。アマチュア時代にイメージがある選手もいると思いますけど、そのままをファイターズのために出してくれると信じている」と期待を寄せた。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」