野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天ドラ5佐藤、菊池雄星に来オフの自主トレ参加“志願”「何が何でも成長したい」

9日から楽天生命パークの室内練習場で始まった楽天の新人合同自主トレ。ドラフト5位の佐藤智輝投手(山形中央高)はプロの先輩たちからの学びを生かし、成長を誓っている。

楽天の新人合同自主トレに臨んだドラフト5位の佐藤智輝【写真:高橋昌江】
楽天の新人合同自主トレに臨んだドラフト5位の佐藤智輝【写真:高橋昌江】

9日にスタートした楽天の新人合同自主トレで存在感

 9日から楽天生命パークの室内練習場で始まった楽天の新人合同自主トレ。ドラフト5位の佐藤智輝投手(山形中央高)はプロの先輩たちからの学びを生かし、成長を誓っている。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 初日は最初のランニングから18歳らしく元気を出して練習を盛り上げた佐藤。「すごくいい自主トレだったなと思います。緊張感はあったんですけど、ドラフト1位の辰己(涼介)さんを中心に声を出していこうということだったので、しっかり元気よくできたのかなと思います。自分が一番、下なので、盛り上げていこうと思って、ハイタッチとかしました」と笑顔。平石洋介監督ら首脳陣の視線もあったが、「元気だったり、はつらつなプレーを見ていただけたのかなと思います」と胸を張った。

 佐藤は昨年12月、岩手・盛岡市で開催された野球フォーラムで、マリナーズ入りした菊池雄星投手と対面。「何が何でも、成長したいという気持ちがあるので」と、来年の自主トレをお願いした。「握手していただき、『是非、アメリカで』と言っていただきました。自分のためになったり、チームの勝ちにつながったりするのであれば、自分の意見はどんどん出していかないといけないなと思っています」と話す。

 山形中央高と菊池の母校・花巻東高は同じトレーナーが関わっているつながりもあり、山形中央高のミーティングでは庄司秀幸監督が菊池の話をすることもあるという。佐藤の中で憧れが募っていた。「しかも、メジャーリーグに挑戦するという話もあったので、ここは行くしかないと思って行きました」と果敢にアピールした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」