野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテの新人合同自主トレがスタート! 12分間走トップは地元出身の高卒右腕

ロッテの新人合同自主トレが10日、ロッテ浦和球場でスタートした。

ロッテの新人合同自主トレの様子【写真:(C)PLM】
ロッテの新人合同自主トレの様子【写真:(C)PLM】

視察に訪れた井口監督は「1日でも早くポジションを掴めるように頑張って欲しい」

 ロッテの新人合同自主トレが10日、ロッテ浦和球場でスタートした。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ロッテ戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 報道陣や多くのファンが見守る中、期待の新人9選手は、8時36分にロッテ浦和球場へやってきた。選手たちのほとんどはやや緊張した面持ちだったものの、練習がスタートすると生き生きとした表情を見せた。

 12分間走ではドラフト6位の古谷拓郎投手が、トップの3000メートルを記録。注目のドラフト1位・藤原恭大外野手は「1周目から自分が思っているペースより速くてヤバいなと思いました」と振り返る通り、序盤は最後尾だったが、「だんだん離されていったので、さすがに恥ずかしいなと思ったので頑張りました」と最後はなんとか巻き返した。

 またロングティーでは、野手組の藤原、ドラフト4位・山口航輝外野手、ドラフト7位・松田進内野手が鋭い当たりを連発していた。

 視察に訪れていた井口資仁監督は「キャンプインまで20日ありますので、(チームに)馴染んでほしいなと思います」と話し、「2月1日からはチームの中でのレギュラー争いが始まります。1日でも早くポジションを掴めるように頑張って欲しいと思います」とエールを送っていた。

(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」