野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 王柏融とロッテチェンが共闘誓う 台湾FOXとパ・リーグの契約締結会見で

王柏融とロッテチェンが共闘誓う 台湾FOXとパ・リーグの契約締結会見で

パ・リーグ6球団とパシフィックリーグマーケティング(以下PLM)は1月12日、台湾のスポーツ専門局「FOXスポーツ台湾」と、台湾における2019年シーズンから3年間のパ・リーグ主催試合の放映権契約を締結したことを発表した。15日午後には、台北市内で共同記者会見が行われた。

パ・リーグ6球団とPLM、FOXスポーツ台湾は15日に台北市内で共同記者会見を行った【写真:駒田英】
パ・リーグ6球団とPLM、FOXスポーツ台湾は15日に台北市内で共同記者会見を行った【写真:駒田英】

同じ高校の先輩後輩のチェンと王「一緒に頑張りましょう」

 パ・リーグ6球団とパシフィックリーグマーケティング(以下PLM)は1月12日、台湾のスポーツ専門局「FOXスポーツ台湾」と、台湾における2019年シーズンから3年間のパ・リーグ主催試合の放映権契約を締結したことを発表した。15日午後には、台北市内で共同記者会見が行われた。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 日本統治時代に公務員宿舎として使われた木造建築で行われた会見には、ロッテのチェン・グァンユウ投手、そして、このオフにCPBL(台湾プロ野球)で初めてポスティング制度を利用して日本ハムに移籍した王柏融外野手も出席。多数の報道陣が詰めかけた。

 FOXスポーツ台湾は2014年、当時、陽岱鋼が所属していた日本ハムの試合中継を開始し、翌年からはチェン・グァンユウや西武の郭俊麟の先発試合やクライマックスシリーズの中継も始めた。2016年からはPLMと3年間の放映権契約を締結、オープン戦から、パ・リーグ主催公式戦(セ・パ交流戦を含む)、クライマックスシリーズまで1週間に10試合以上、年間300試合以上の中継を行ってきた。

 今シーズンはチェンや郭、王柏融のほか、トライアウトを経て西武には廖任磊が加入。育成契約の張奕(オリックス)を含め、パ・リーグの台湾選手の数は8人まで増えた中で、FOXスポーツ台湾では今季も300試合以上の試合中継を行う。

 会見で王柏融は、これまでも試合前練習の合間にパ・リーグの中継を見ていたといい、特にチェンが先発する試合はクラブハウスで応援していたエピソードを明かした。また、入団が決まった日本ハムについても、中継を通じて比較的身近に感じていたと述べた。高校の先輩でもあるチェンと実際に対戦することになった際、どんな反応をみせるか問われると「笑顔をみせてしまうかも」と答え、笑いを誘った。

 一方、チェンは王柏融との対戦に期待を示した。グラウンド上では真剣勝負に徹するが、試合後には食事に連れて行くと語るなど優しい先輩らしさをみせた。また、笑顔の重要性を強調し「笑顔で多くのことは解決する。相手の善意を汲み取り、選手やコーチと積極的にコミュニケーションをとることが重要だ」とチェン式コミュニケーション法を伝授した。また、日本語で「一緒に頑張りましょう」と呼びかけ、復唱をさせていた。

 王柏融の加入で、注目度がさらに高まったパ・リーグ、今シーズンはFOX台湾の中継を通じ、日本野球への興味をより深め、実際に球場に足を運ぶ台湾のファンがさらに増えそうだ。

(「パ・リーグ インサイト」駒田英)

(記事提供:パ・リーグ インサイト

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」