野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

レギュラー候補と言われ7年目 ロッテ加藤が単独自主トレを行うワケ「1人の方が…」

1月上旬、とある日のロッテ浦和球場。陽が昇りはじめた頃、まだ誰もいないグラウンドで加藤翔平外野手は1人黙々と練習に励んでいた。

自主トレに励むロッテ・加藤翔平【写真:(C)PLM】
自主トレに励むロッテ・加藤翔平【写真:(C)PLM】

例年は鈴木大地らと合同トレも、今年は浦和や幕張で単独トレ

 1月上旬、とある日のロッテ浦和球場。陽が昇りはじめた頃、まだ誰もいないグラウンドで加藤翔平外野手は1人黙々と練習に励んでいた。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 例年は、鈴木大地内野手や柿沼友哉捕手らと合同自主トレを行っていたが、今季は単独で自主トレを行うことにした。「大人数でやるメリット、デメリットどちらもあると思う。待っている時間であったり、移動する時間、そういう時間のロスとかも考えた結果、自分1人でやった方が効率的だと。今年は自分でやることも、色々と明確にあった」と、ロッテ浦和球場やZOZOマリンスタジアムを中心に1人で課題と向き合っている。

「浦和は選手がたくさんいますし、順番を待ったり、場所が空くのを待つのが嫌なので。人がいない時に、やりたいこと、やるべきことをしたいと思っています」。早朝の個人練習は「キャンプになると朝が早い。キャンプになってからいきなり朝早く動こうと思っても、絶対にできない。7時から始めて動ける体も作っていかないといけない」と言うように、キャンプに向けた準備の一貫でもあると言う。

 その早朝のグラウンドで取り組んでいたのは、短距離走や体幹トレーニングだ。

「長い距離を走るのも1年間戦うために必要なことだと思うんですけど、ランニングに関して言えば、走れる方だと思います。野球で走るのは、最長でもベース1周の100メートルちょっとじゃないですか。だったら、ベース1周、盗塁の2~30メートルというのを重点的にやった方がいいかなと」。この日は、短い距離をいかに速く走れるかをテーマに走り込んだ。

 また、「1年間しっかり結果を残す上で、体幹が弱ってくるとバッティングフォームも全ての面で崩れてしまう。たとえば、福浦さんとかも試合前、試合後に体幹トレーニングしているのを僕らも見ている。結果を残し続ける人がやっているものは、絶対に取り入れた方がいいと思う」という考えで、このオフは、例年以上に体幹トレーニングに取り組んでいるそうだ。

「最初の方はきつかった(体幹)メニューが、慣れもあるんでしょうけど、今はだいぶ楽になったというか、こなせるというか、そういう感じはあります。体重も減らそうと思っているので、体自体は変わってきているんじゃないかなと思っていましたし、周りの方にも体が変わったねと言っていただいた。多少は効果が出ているんじゃないですかね」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」