野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「もちろんある」 西武金子一の胸に再び勇気を与えた、秋山翔吾の言葉

2018年5月22日、福岡ヤフオクドーム。ソフトバンクの守護神・森唯斗の投じた初球のストレートを、西武の金子一輝内野手は短く持ったバットで勢いよくはじき返した。「真っ直ぐに振り負けないように」と一閃した打球はぐんと伸びると、レフトスタンドに飛び込んだ。プロ5年目。ファームでも通算1本しか本塁打を記録していなかった男の鮮烈な1軍デビューとなった。

西武・金子一輝【写真:安藤かなみ】
西武・金子一輝【写真:安藤かなみ】

2018年にプロ1号を放った金子一、その裏にあったものとは…

 2018年5月22日、福岡ヤフオクドーム。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの守護神・森唯斗の投じた初球のストレートを、西武の金子一輝内野手は短く持ったバットで勢いよくはじき返した。「真っ直ぐに振り負けないように」と一閃した打球はぐんと伸びると、レフトスタンドに飛び込んだ。プロ5年目。ファームでも通算1本しか本塁打を記録していなかった男の鮮烈な1軍デビューとなった。

 これまでイースタン・リーグでも、プロ2年目の2014年に記録した.233(34試合)が最高打率。自己最多の103試合に出場した2017年も、2割がやっとという打撃成績だった。

 そんな金子一だったが、2018年シーズンのイースタン・リーグが開幕すると、とにかく打ちまくった。打率.370を超えることもあり、一時はリーグ首位打者にも立った。好調を維持したまま迎えた5月中旬、ついに1軍から声がかかった。

 好調の要因は、シンプル。練習と準備にしっかりと時間を費やしたことだ。その中でも「練習から強く振っていくこと」を意識した。どんな時も、振り込む量を減らさないように努めた。

 2017年のオフシーズンからは秋山翔吾外野手が主催する静岡・下田での自主トレに参加し、秋山とペアを組んでバッティング練習も行った。バッティング練習のメニューは全て秋山が考案。その中で取り組んだ7種類のティーバッティングに手応えを感じ、自主トレの後もずっと続けてきた。

「今年はこのティー、一生やりますよ」

 自身の宣言通り、毎日のように室内練習場でティーバッティングに取り組んだ。試合を終えるとすぐにトレーニング用のウェアに着替え、黙々と振り込んだ。キャンプ中から取り組み続けたことが、しっかりとシーズンに数字として表れた。表情にも自信がみなぎった。

 1軍で初ホームランを放った後は6試合に出場し、うち半分の3試合でスタメン起用された。思い切りのいいスイングと溌剌としたプレーは、開幕スタートダッシュに成功したものの、その勢いに翳りが見え始めていたチームに新しい風を吹かせた。

 肩痛が癒えた中村剛也の1軍復帰と入れ替わるように2軍降格した金子一は、そこから先発出場した2軍戦5試合で打率.120と低迷。「感覚が飛んじゃいました」と金子が話したのは、6月上旬のジャイアンツ球場での試合後だった。その日のジャイアンツの先発は吉川光夫。ライオンズは吉川光の前にたった2安打で完封負けを喫していた。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」