野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

補強ゼロでもやっぱり強い? 盤石の布陣…12球団オーダー予想【ソフトバンク編】

2019年の幕が開け、早くも2週間が経過した。プロ野球界は各地で選手たちが行っている自主トレの模様が話題となり、ファンも2月1日のキャンプインが待ち切れなくなっているのではないだろうか。

ソフトバンク・上林誠知【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・上林誠知【写真:藤浦一都】

懸念は内川&松田のベテラン2人、復活なるか?

 2019年の幕が開け、早くも2週間が経過した。プロ野球界は各地で選手たちが行っている自主トレの模様が話題となり、ファンも2月1日のキャンプインが待ち切れなくなっているのではないだろうか。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 1月も半ばとなり、シーズンに向けて各球団の戦力編成も佳境に入っている。新戦力や新助っ人の加入が続々と発表となり、チームの編成も固まってきた。キャンプインを2週間後に控えたタイミングで、現状で12球団のオーダーを予想してみよう。

 今回はパ・リーグ2位から下克上を果たし、2年連続で日本一に輝いたソフトバンクだ。

1 右 上林誠知
2 遊 今宮健太
3 左 中村晃
4 中 柳田悠岐
5 指 デスパイネ
6 一 内川聖一
7 三 松田宣浩
8 捕 甲斐拓也
9 二 牧原大成

 FA市場で浅村栄斗、西勇輝の2人の獲得に乗り出しながら、ともに逃すこととなったソフトバンク。補強の目玉だった2人を逃したことで、オフの補強はドラフト以外に無いままとなっている。とはいえ、昨季は多くの故障者に悩まされた部分が多々あり、怪我人が復帰すれば、その戦力はやはり12球団でも屈指のものがある。

 リードオフマンには昨季キャリアハイの成績を残した上林を置きたい。長打力もあり、足も速く、ヨーイドンで上林を迎えるのは、相手の先発投手にとっても脅威だろう。本調子であれば、やはり2番には今宮が適任。足のある牧原を1番に置き、上林を3番、中村晃を6番あたりに据えても面白い。

 懸念は内川、松田のベテラン2人。昨季は内川が不振と故障に苦しみ、松田も32本塁打を放ったものの、本来の姿とは言えなかった。共に実績は申し分なく、復活へ並々ならぬ思いもある。昨季以上の成績を残すことに期待したいところだが、もしもの場合には、昨季の終盤やポストシーズンのように、残留が見込まれているグラシアルがそこを補うことになる。ここにどれだけの若手が割って入ってこれるか。

 2年ぶりのリーグ優勝、3年連続の日本一を狙うソフトバンク。若手の台頭が待たれるものの、やはり戦力層は充実。今季も優勝候補といえるだろう。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」