野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武などが野球人口減少の歯止めへイベント開催 「4人の伝道師」を招聘

部員不足に悩む少年野球チーム、中学校野球部の関係者に朗報だ。西武は16日、埼玉県・川口市野球連盟などと協力し、「子どもたちが野球を始め、続けることができる環境」を考えるセミナー「川口市 baseball サミット」を26日に開催をすることが決まったと発表した。

西武は「川口市 baseball サミット」を1月26日に開催予定【写真提供:埼玉西武ライオンズ】
西武は「川口市 baseball サミット」を1月26日に開催予定【写真提供:埼玉西武ライオンズ】

川口市野球連盟などと協力、「4人の伝道師」招聘で成功事例を共有

 部員不足に悩む少年野球チーム、中学校野球部の関係者に朗報だ。西武は16日、埼玉県・川口市野球連盟などと協力し、「子どもたちが野球を始め、続けることができる環境」を考えるセミナー「川口市 baseball サミット」を26日に開催をすることが決まったと発表した。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 西武戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 全国の野球競技者人口は2017年までの7年間で中学生が約10万6000人、小学生が約5万8000人減っており、この現状を懸念する西武は、野球を体験したことのない児童・幼児を対象とした野球型のレクリエーションを開催。「楽しさを伝える」「野球振興活動」を継続して実施してきた。同じく、野球競技者人口の減少に歯止めをかけたい川口市野球連盟の思惑が一致して実施の決定に至った。

 セミナーでは、野球競技者人口に対して独自のアクションを取っている「4人の伝道師」を招聘し、成功事例を共有する。その中でも、川口市立東中学校の野球部顧問を務める武田尚大氏は、各校の野球部員不足で悩むなか、3年間で市内の野球部員を約30人増やすことに成功した強者。武田氏は率先して「坊主禁止」「父母会のお茶当番の廃止」をうたい、市内の野球部顧問に共有した結果、他校でも効果が見られ、全国では異例とも言える野球競技者人口増に繋げた。2018年度の新入部員の中で野球未経験者は40人を数え、川口市の中では野球がより「始めやすいスポーツ」になったと言える。

 当日は、子どもの心を掴み、野球を好きになってもらい、継続できる仕組みを解説する予定。その手腕を吸収できる絶好のチャンスとなる。

 その他の内容については以下のとおり。

○「川口市 Baseball サミット」概要
【主催】
(株)西武ライオンズ
【協力】
川口市野球連盟、川口市少年野球連盟、川口市中体連野球専門部会
【日時】
2019年1月26(土) 14:00~16:30(予定) 受付:13:30~(予定)
【会場】
SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ 映像ホール 〒333-0844 埼玉県川口市上青木3-12-63 ※駐車場有
【対象】
少年野球指導者・保護者、中学野球指導者・保護者など。
【定員】
200名(事前申込制、先着順)※申込先着順で定員になり次第締め切り。
【講師】
(1)武田尚大氏(川口市立東中学校教諭) 
題目:川口市野球部員増員施策の実績について(仮)
(2)加古潤二氏(横浜金沢Vルークス代表)  
題目:人が集まる少年野球クラブの仕組みづくり(仮)
(3)広尾晃氏
(スポーツライター「野球崩壊 深刻化する「野球離れ」を食い止めろ! 」著者)
題目:深刻化する野球離れを食い止めるために (仮)
(4)まんがMAJORで考証 少年野球チーム診断 編集室 
題目:2年たらずで選手数を倍増させた、ある少年野球チームの施策例と現状(仮)
※講師、講演内容は予定であり、事前の告知なしに変更する場合あり。
【参加費】
無料

 申し込みは下記URLで可能。
申し込みフォームURL:https://saitamaseibu.com/form/node/943

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」