野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー、現役選手の「殿堂入り候補」選出も…MLB公式「正式な引退が必要」

イチロー、現役選手の「殿堂入り候補」選出も…MLB公式「正式な引退が必要」

今年の米国野球殿堂入り選手が22日(日本時間23日)に発表される。歴代最多の652セーブを挙げ、クーパーズタウン行きが確実視されている元ヤンキースの元守護神マリアーノ・リベラ氏は何%の支持を集めるのか。バリー・ボンズやロジャー・クレメンスといった禁止薬物使用の疑惑があった名選手は、ついに選出されることになるのか。今年も大きな注目を浴びている。

マリナーズ・イチロー【写真:Getty Images】
マリナーズ・イチロー【写真:Getty Images】

全30球団の“殿堂候補”を選出、マリナーズでは「イチロー・スズキ」

 今年の米国野球殿堂入り選手が22日(日本時間23日)に発表される。歴代最多の652セーブを挙げ、クーパーズタウン行きが確実視されている元ヤンキースの元守護神マリアーノ・リベラ氏は何%の支持を集めるのか。バリー・ボンズやロジャー・クレメンスといった禁止薬物使用の疑惑があった名選手は、ついに選出されることになるのか。今年も大きな注目を浴びている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 では、今後、殿堂入りの名誉をつかむ選手は――。MLB公式サイトは「全30球団の次期殿堂入り選手」と題した特集記事を掲載。各球団に所属する現役選手から、最も殿堂入りする可能性が高いプレーヤーを選出している。マリナーズで名前が挙がったのは当然、イチロー外野手だ。

 45歳のイチローは2001年にメジャーデビューし、今季が19年目のシーズンとなる。マリナーズに6年ぶりに復帰した昨季は5月に会長付き特別補佐に就任し、その後はプレーすることはなかったが、チームに帯同して練習を続けた。そして、今年は東京ドームで開催される3月の開幕戦アスレチックス戦で“復帰”する見込みとなっている。

 デビューイヤーに116勝を挙げたマリナーズを牽引し、首位打者、盗塁王に輝くと、史上2人目となる新人王&MVPの同時受賞という偉業を達成。そこから10年連続200安打&ゴールドグラブ賞受賞&オールスター選出など圧倒的な活躍を見せた。2004年にはメジャー記録を塗り替えるシーズン262安打をマーク。マーリンズ時代の2016年には史上30人目の通算3000安打に到達し、有資格1年目での殿堂入りは確実とされている。ただ、問題はいつ資格が発生するか、だ。

「最低でも50歳まで現役」と公言するイチロー。MLB公式サイトも「当然のことながら、いつかのタイミングで彼が正式に引退することが必要となるわけである」と指摘している。米国野球殿堂入りの資格が発生するのは、引退から5年後。ずっと先になる可能性もあるわけだ。

 他球団では、ヤンキースのデレク・ジーター氏、エンゼルスのマイク・トラウト外野手らが選出。特集では、ジーターについては「彼は来年、投票用紙の欄に加わる。リベラノ総得票数を超えるだろうか?」、トラウトについては「唯一恐れていることとしては、彼が他球団で最終的にプレーすることになり、歴史に残るシーズンを更に10年分送ることになった場合だ」と言及している。トラウトは2020年限りでエンゼルスとの契約が満了となるため、その去就に注目が集まっている。

 イチローはいつ殿堂入りするのか――。もはやクーパーズタウン行きは確実で、米メディアもそのタイミングにだけ注目している。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」