野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ種市が新フォームに挑戦 自主トレで千賀からアドバイス「自分を崩しに」

ソフトバンク千賀滉大投手らとともに、福岡・久留米市内のトレーニング合宿に参加していたロッテ期待の先発候補、3年目の種市篤暉投手。ロッテ浦和球場に姿を見せた22日にブルペンで40球を投げ、順調な調整ぶりをうかがわせた。

自主トレを行ったロッテ・種市篤暉【写真:岩国誠】
自主トレを行ったロッテ・種市篤暉【写真:岩国誠】

先発ローテ入り目指す20歳、久留米で千賀と合同自主トレ

 ソフトバンク千賀滉大投手らとともに、福岡・久留米市内のトレーニング合宿に参加していたロッテ期待の先発候補、3年目の種市篤暉投手。ロッテ浦和球場に姿を見せた22日にブルペンで40球を投げ、順調な調整ぶりをうかがわせた。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 この日、当初はブルペン入りを決めかねていた右腕だが、今回参加した自主トレで千賀やトレーナーの鴻江寿治氏に教わったことを「忘れないように」という思いが勝り、自然と足は室内練習場のブルペンへ向いた。

 中溝ブルペン捕手の構えるミットめがけての40球。威力を増したストレートが「パーン」と小気味いい音をブルペン内に響かせた。順調な仕上がりに自然と体が動いたのか、「結構投げました」とフォークボールも投じた。

 千賀らとの自主トレで多くのことを学んだが、この日ブルペンで一番意識していたのは「投球フォーム」だ。「(踏み出す)左足が着地する前に左肩が開かないように、と。それが自分の癖なので。そのことを千賀さんにすごい言われた」と、キャッチボールから左肩を意識しつつ、フォーム固めに力を注いでいる。

 実は、去年までの経験を踏まえ、自身も「このフォームでは1年間投げられない」と感じていたという。その思いもあり、変化を恐れずに今までの自分を壊して、新たに作り変えることを選んだ。

「変わることって普通は抵抗を感じることだと思うんです。失敗するんじゃないかって。でも、去年の投げ方じゃ自分はやっていけないって思って、今までの自分を崩しにいこうと思っていたので、今回(千賀投手に)教わって良かったと思いますね」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」