野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「海にゴミを行かせない」元1軍投手も参加するロッテの「LTO活動」とは?

「LEADS TO THE OCEAN(以下LTO活動)」という活動をご存じだろうか。「日本財団」と「NPO法人海さくら」を中心に、Jリーグの湘南ベルマーレと共に2015年7月から始まったこの活動は、スポーツと清掃活動を軸にしたアプローチで環境問題へと取り組むことをコンセプトとしている。現在は、Jリーグの9つのクラブとBリーグの1チーム、そしてロッテの全11チームで活動を行っている。

現在はロッテの球団職員を務めている上野大樹氏【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
現在はロッテの球団職員を務めている上野大樹氏【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

「プロ野球界を代表している」という意識を胸に

「LEADS TO THE OCEAN(以下LTO活動)」という活動をご存じだろうか。「日本財団」と「NPO法人海さくら」を中心に、Jリーグの湘南ベルマーレと共に2015年7月から始まったこの活動は、スポーツと清掃活動を軸にしたアプローチで環境問題へと取り組むことをコンセプトとしている。現在は、Jリーグの9つのクラブとBリーグの1チーム、そしてロッテの全11チームで活動を行っている。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 LTO活動へ参加した理由について、ロッテで当活動を担当する営業部の大石賢央氏は「『海にゴミを行かせない』というテーマに共感しました」と話し、また「本拠地のZOZOマリンスタジアムの横には海がありますので、海が見える野球場を持つ我々が取り組むことに意義がある」と説明してくれた。

 プロ野球で唯一活動している立場として、大石氏は「プロ野球界を代表しているということは意識をしなければならないと思っています」と、活動の意義について次のように語った。

「海のゴミの8割は川から、川のゴミは街からやってきます。そして、街のゴミは人々の心が出しています。その結果、海にゴミが溜まって、海洋資源や鳥などが影響を受けています。ゴミを減らすには心がけ次第だと思っていますので、それを理解していただくという、この取り組み自体の意義というものを大事にしています」 

 LTO活動に従事するスタッフの中には、元プロ選手も存在している。現役時代にロッテで投手として活躍し、現在は古巣の球団職員を努めている上野大樹氏だ。

 上野氏は2011年7月17日に先発として完封勝利を収め、2013年からの2シーズンで中継ぎとして73試合に登板した実績を持つ。しかし、わずか2試合の登板にとどまった2015年のオフに戦力外通告を受け引退。当時29歳と余力を残しての幕引きにも思えたが、上野氏自身は「やりきった」という感覚を持っていたようだ。

「トライアウトまで受けさせていただいて、球団の方に拾っていただいて……。自分の中では、やりきったという気持ちは本当にありました。現役時代から、いつかは終わりが来ることで、その時に悔いなく終われるように、と思ってずっとやっていました」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」