野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 的確なのは? 9選手大補強の巨人と阪神「B」評価…12球団補強採点【セ編】

的確なのは? 9選手大補強の巨人と阪神「B」評価…12球団補強採点【セ編】

1月も半ばを過ぎ、いよいよ2月1日のキャンプインが目前に迫ってきた。宮崎、沖縄、そして米アリゾナ州でセパ12球団が開幕に向けた1か月に及ぶ長く厳しいキャンプを一斉にスタートさせる。

FAでセ球団に移籍した西勇輝、丸佳浩、炭谷銀仁朗(左から)【写真:荒川祐史】
FAでセ球団に移籍した西勇輝、丸佳浩、炭谷銀仁朗(左から)【写真:荒川祐史】

丸が流出の広島、長野獲得と投手陣整備で及第点か

 1月も半ばを過ぎ、いよいよ2月1日のキャンプインが目前に迫ってきた。宮崎、沖縄、そして米アリゾナ州でセパ12球団が開幕に向けた1か月に及ぶ長く厳しいキャンプを一斉にスタートさせる。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 シーズンオフの間、各球団のフロントは来季への戦力編成を進めてきた。頂点を狙うには、自チームに足りない部分はどこか、補うべき部分はどこか。そこを見極めながら新外国人の獲得やトレードなどで進めてきた補強も、時期的に各球団ほぼ出揃ったといえるだろう。

 各球団の補強の成果はシーズンが終わってみないと分からないものではあるが、どの程度、戦力的な上積みが見込めそうか。Full-Count編集部では各球団の補強を上からA~Eの評価で独自に診断してみた。

○セ・リーグ
【広島】C
カイル・レグナルト投手(メッツ傘下)
菊池保則投手(楽天からトレード)
ケーシー・ローレンス投手(マリナーズ)
長野久義外野手(FA人的補償)

 3年連続でセ・リーグを制覇した広島。リーグトップの721得点を奪った攻撃陣に比べ、投手陣は651失点、防御率4.12と不安定だった。オフはレグナルト、ローレンスと2人の助っ人投手を獲得し、トレードで菊池を獲得。目立つ補強ではなかったものの、課題だった投手陣を補った。手厚い野手陣では丸がFAで巨人に移籍となったが、人的補償で実績豊富な長野を獲得。多少の戦力ダウンはあるものの、及第点の補強だったのではないか。

【ヤクルト】C
寺原隼人投手(ソフトバンク戦力外)
五十嵐亮太投手(ソフトバンク戦力外)
スコット・マクガフ投手(ロッキーズ傘下)
アルバート・スアレス投手(ダイヤモンドバックス傘下)
高梨裕稔投手(日本ハムからトレード)
太田賢吾内野手(日本ハムからトレード)

 昨季は2位に食い込んだものの、クライマックスシリーズで巨人に敗れたヤクルト。山田やバレンティン、青木らが並ぶ打線は強力である一方、広島同様に投手陣が課題だった。オフは投手だけで5人を補強。日本ハムからかつての新人王である高梨を獲得。助っ人でマクガフとスアレスを加え、ソフトバンクを戦力外となった寺原、五十嵐も入団した。投手陣に厚みを与えた。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」