野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

諦めかけた夢を叶えるため… 元オリチアがNFLへ挑戦「私にはチアが生きがい」

オリックスのチアリーダーとしても活動経験のある藤田真実さんは、今春、米プロフットボールリーグ(NFL)のチアリーダーに挑戦する。一時は夢を諦め、小学校教員を務めていた藤田さんを再び挑戦に後押ししたものは何だったのだろうか。話を聞いた。

NFL挑戦の理由を語った藤田真実さん【写真:荒川祐史】
NFL挑戦の理由を語った藤田真実さん【写真:荒川祐史】

オリックスのチアリーダーとしても活躍した藤田真実さんがNFLチアに挑戦

 オリックスのチアリーダーとしても活動経験のある藤田真実さんは、今春、米プロフットボールリーグ(NFL)のチアリーダーに挑戦する。一時は夢を諦め、小学校教員を務めていた藤田さんを再び挑戦に後押ししたものは何だったのだろうか。話を聞いた。

 子供の時からダンスが好きだった藤田さんは、京都女子中・高でバトントワリング部に所属。姉妹校の京都・龍谷大平安高の応援で甲子園でもチアリーダーを務めた経験がある。早稲田大進学後は応援部チアリーダーズに所属。六大学野球やアメフトの試合で応援を行った。卒業後は、アメリカンフットボールのXリーグなど、社会人チームを持つ会社に就職しチアを続ける道もあったが「自分の信頼できるコーチの下でレッスンを続けたい」と、アルバイトをしながらクラブチームで活動することを選択した。

「練習を行う場所代、衣装代、海外遠征費など、すごくお金がかかりましたが、大会前になると、夕方から毎日練習があったので、正社員として働くことはできませんでした。その為、シフト制のアルバイトをしながら活動していました。いずれはNFLのチアリーダーになりたいと思ってたので、技術を習得するために毎日練習に励んでいました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」