野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 2019年の若手有望株“格付け”、1位はゲレーロJr. 日系3世のヒウラは20位

2019年の若手有望株“格付け”、1位はゲレーロJr. 日系3世のヒウラは20位

MLB公式サイトは26日(日本時間27日)、若手有望株格付けコーナー「MLBパイプライン」の最新ランキングを発表。2018年に米野球殿堂入りした偉大な父を持つ19歳のブラディミール・ゲレーロJr.内野手が1位に選出された。

2019年の若手有望株“格付け”で20位にランクインした日系3世のケストン・ヒウラ【写真:Getty Images】
2019年の若手有望株“格付け”で20位にランクインした日系3世のケストン・ヒウラ【写真:Getty Images】

昨年は大谷1位&アクーニャ2位のランキング

 MLB公式サイトは26日(日本時間27日)、若手有望株格付けコーナー「MLBパイプライン」の最新ランキングを発表。2018年に米野球殿堂入りした偉大な父を持つ19歳のブラディミール・ゲレーロJr.内野手が1位に選出された。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 三塁手のゲレーロJr.は2015年にブルージェイズに入団。2016年はルーキーリーグでプレーしたが、昨年はあっという間に2A、3Aまで昇格。2Aでは61試合で打率.402、14本塁打、60打点、3Aでは30試合で打率.336、6本塁打、16打点という好成績を残し、今年はメジャーデビューが期待されている。

 また、ブルワーズでプレーする日系3世のケストン・ヒウラは、20位で選出。二塁手としてはNO1の評価だった。2017年のドラフト1巡目で入団した22歳は、昨年2Aでは73試合に出場し、打率.272、6本塁打、20打点だった。

「MLBパイプライン」のランキングはスカウトや球団幹部の声を基に作成されており、昨年の同じ時期にはエンゼルスの大谷翔平投手を1位に選出。2位はロナルド・アクーニャJr.外野手(ブレーブス)で、両選手は昨季両リーグの新人王に輝いた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」