野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹ドラ2杉山が見せる“自分愛”「『きついけど、もっと欲しがる自分』が好き」

ソフトバンクのドラフト2位ルーキー杉山一樹投手。即戦力右腕として注目が集まる一方で、入団時から「〇〇している自分が好き」という、独特の自分愛を語るキャラクターとして人気を博している。そんな杉山が初のキャンプで好きになったのはどんな自分なのか?

ファンサービスに応じるソフトバンク・杉山一樹【写真:藤浦一都】
ファンサービスに応じるソフトバンク・杉山一樹【写真:藤浦一都】

ファンへのサイン対応にも戸惑い「どこで断っていいのか」

 ソフトバンクのドラフト2位ルーキー杉山一樹投手。即戦力右腕として注目が集まる一方で、入団時から「〇〇している自分が好き」という、独特の自分愛を語るキャラクターとして人気を博している。そんな杉山が初のキャンプで好きになったのはどんな自分なのか?

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 2日目の全体練習を終えた杉山がファンのサインに応じていた。ルーキーとはいえ、すでに知名度は高く、杉山の名前のプレートにサインをねだる女性ファンの姿も見られた。ただ、土曜日のこの日はファンの数も膨大。夜は宿舎で工藤公康監督による勉強会が開かれるため、早めに切り上げる必要があったが「どこで断っていいのかわかりません」と困り顔。警備員のシャットアウトに頼って、なんとかサインを切り上げた。

 初めて臨む春季キャンプは「きついけど楽しいです。何か自分が思い描いていた通りです」と言う。「2日目を終えてみて、キャンプではどんな自分が好き?」と尋ねると、「そうですね。『きついけど、もっと欲しがってる自分』が好きです!」と全開の杉山スマイルで答えてくれた。

 春季キャンプ中には、このユニークなキャラクターでさらにファン層が広がっていくことだろう。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」