野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • 「競争がチームを強くする」 辻監督×松沼博久氏対談「監督には見る目がある」

「競争がチームを強くする」 辻監督×松沼博久氏対談「監督には見る目がある」

2018年は開幕から一度も首位の座を譲らず、圧巻の強さで10年ぶりのリーグ制覇を果たした埼玉西武。文化放送「ライオンズエクスプレス」で放送された、連覇に挑む辻発彦監督と、「ライオンズナイター」の解説も務める球団OBの松沼博久氏の対談の模様をお届けしたい。

西武・辻発彦監督(左)とOBの松沼博久氏【写真提供:文化放送】
西武・辻発彦監督(左)とOBの松沼博久氏【写真提供:文化放送】

投手力以上に重視する、「戦うチームとしての力」

 2018年は開幕から一度も首位の座を譲らず、圧巻の強さで10年ぶりのリーグ制覇を果たした埼玉西武。文化放送「ライオンズエクスプレス」で放送された、連覇に挑む辻発彦監督と、「ライオンズナイター」の解説も務める球団OBの松沼博久氏の対談の模様をお届けしたい。

【PR】タイガーマスクの巨人愛をDAZN(ダゾーン)でコンプリート「よく情報をチェック」

――2018年は強力打線を「獅子おどし打線」と辻監督が命名

 辻監督「『獅子○○』といったらピンと『鹿威(ししおど)し』が出てきて、言ったらそうなっちゃったみたい。僕のイメージとしては落ちっぱなしじゃない、落ちても這い上がる。絶対に上にあがってやるという意味合いでしたね」

――防御率は4.24とリーグワーストに

 辻監督「そう上手くはいかないですよ。だから戦うチームとしての力ですよね。(2019年は)もちろん防御率を下げないといけないですが、それ以上に点を取れば勝てるわけで、お互いにカバーし合って戦わないと勝利に近づいてはいかないですね」

――強力打線がバックだと投手陣も思い切り投げられるのでは?

 松沼氏「昨年は四球が絡んだりして、思い切って投げてくれる投手が少なかったのに優勝できました。今年は打線を信じて楽な気持ちで投げられれば、かなりまとまると思います」

 辻監督「戦い方は今年も一緒です。点は必ず取られるでしょうが、うちも取ります。1点を取られたら、次の1点をいかにして抑えるか。次の1点を大事に戦う、これしかないと思います」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」