野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島ドラ6正隨、高校、大学を経て感じた成長 1軍キャンプを掴んだ大砲候補

広島のドラフト6位ルーキー・正隨優弥外野手は、充実したキャンプ生活を送っているようだ。2日目を消化したばかりなのにそう思えたのは、練習中の表情を見ているととても生き生きしているように見えたからだ。

キャンプ2日目に臨んだ広島・正隨優弥(左)【写真:沢井史】
キャンプ2日目に臨んだ広島・正隨優弥(左)【写真:沢井史】

大阪桐蔭では14夏の甲子園で優勝、亜大では1年春からリーグ戦出場

 広島のドラフト6位ルーキー・正隨優弥外野手は、充実したキャンプ生活を送っているようだ。2日目を消化したばかりなのにそう思えたのは、練習中の表情を見ているととても生き生きしているように見えたからだ。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 昨秋、大学のリーグ戦が終わると4年生は現役引退となり、練習をする場合は自主練習扱いになる。もちろん卒業後も野球を続ける選手は進んで練習するのがほとんどだが、練習の内容は自分のペース。中1日で練習する者もいれば、がっつり練習する者もいる。

 そんな中、正隨はプロに行くことを前提に現役を引退しても練習に没頭。12月23日に退寮して地元の広島に帰ると、かねてから付き合いのあるトレーナーのところへ出向き、体作りに励んだ。準備万端で1月5日に入寮。

「新人合同自主トレーニングに合わせて体をしっかり作ってきたことが良かったです」

 その甲斐があって1軍キャンプに抜てきされ、同じ外野手の松山竜平ら今までは雲の上の存在だった先輩たちと共に汗を流している。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」