野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 広島
  • 広島堂林、10年目を迎える悲壮な覚悟 再挑戦の三塁は「悪戦苦闘だらけですよ」

広島堂林、10年目を迎える悲壮な覚悟 再挑戦の三塁は「悪戦苦闘だらけですよ」

もう10年目なのか。広島のキャンプ地・日南で堂林翔太内野手の姿を見てふと思った。09年に中京大中京をエースとして夏の甲子園優勝に導き、一気にその名が全国区となったあの夏も、今は遠い昔のように感じる。

精力的に10年目のキャンプに臨んでいる広島・堂林翔太【写真:沢井史】
精力的に10年目のキャンプに臨んでいる広島・堂林翔太【写真:沢井史】

3年ぶりに三塁挑戦「毎日でも特守を受けたいくらい」

 もう10年目なのか。広島のキャンプ地・日南で堂林翔太内野手の姿を見てふと思った。09年に中京大中京をエースとして夏の甲子園優勝に導き、一気にその名が全国区となったあの夏も、今は遠い昔のように感じる。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 だが、当時とは大きく変わらない表情を見ると、そんなに年月が経ったのかと思わされてしまう。高校では投手、外野手の2足のワラジを履いていたが、プロでは打者に専念してきた。毎年のように期待の星と言われながらの今年。「今年こそやらないと」と話す堂林の言葉ひとつひとつに、危機感が織り交ざっているのを感じる。

 2012年には144試合に出場し14本塁打をマーク。これからいよいよ1軍定着かと思われたものの、その年をピークに出場機会が減少し、33試合にとどまった年もあった。昨季の1軍出場も63試合。年を重ねるごとに若い選手が入っていき、今は自分より若くしてチームの顔になった選手も多い。

 期待に応えたいと思うのは毎年のことだが、もう応えたいと思っているだけでは済まない年代になった。今年は3年ぶりに三塁手としてプレーする予定だが、入団直後に挑戦したポジションとはいえ「悪戦苦闘だらけですよ」と本人が苦笑いするように、ゴロのさばきや動きには納得がいかないようだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」