野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 巨人
  • 「勝利への執着心」とスクリューボール 巨人ドラ1高橋優貴を変えた恩師の助言

「勝利への執着心」とスクリューボール 巨人ドラ1高橋優貴を変えた恩師の助言

巨人のドラフト1位ルーキー左腕・高橋優貴投手が開幕1軍入りを目指し、プロのスタートを切った。宮崎で行われている1軍キャンプで奮闘している。

今季の巨人のルーキー一覧
今季の巨人のルーキー一覧

八戸学院大・正村監督が教え子の巨人ドラ1左腕を語る「最初は子供。すぐに態度に出していたが」

 巨人のドラフト1位ルーキー左腕・高橋優貴投手が開幕1軍入りを目指し、プロのスタートを切った。宮崎で行われている1軍キャンプで奮闘している。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 巨人戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 高橋は茨城県出身も、西東京の名門・東海大菅生高校で高校時代を過ごした。線は今より細く、体重も10キロ以上、少なかった。エースではなかったが、力強いストレートを投げる左腕として将来性を買われ、青森・八戸学院大学へ進学した。投手育成と理論に定評のある正村公弘監督の指導のもと、1年生からリーグ戦で登板。4年生の時は北東北大学リーグで当時の多和田真三郎(現西武)の299個を抜く、301奪三振の新記録を樹立するなど、みちのくのドクターKとして名を馳せた。

 しかし、4年までの道のりは平坦なものではなかった。リーグ戦登板も負け投手になることも多く、一時はチームに勝利を導けない責任から野球をやめることも考えた。どこかに弱気の虫が見え隠れするような投手だった。

 正村監督は「ここぞという時に力んでボールが高めに行ったり、1点リードしていてもひっくり返され、負けるというパターンがありました。試合を重ねるにつれて、弱さ、脆さが出ていた時期もありました」と振り返る。「勝利への執着心をもっと持つように」と指導したこともあった。「最初は子供だったから、すぐに態度出したりしていましたが、最後の方は打たれても、味方がエラーをしても、淡々とプレーしてくれました。人としても成長してくれたのが大きいですね」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」