野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 「打者・大谷をもっと見られる」―2019年「野球が素晴らしい理由」の1つに選出

「打者・大谷をもっと見られる」―2019年「野球が素晴らしい理由」の1つに選出

メジャーリーグはスプリングトレーニングを間近に控え、ファンたちの野球熱も高まってきている。そんな中、米メディアは「2019年の野球が素晴らしい19の理由」を選出。今季、打者に専念するエンゼルス・大谷翔平投手の名前も挙がり、「『打者・オオタニ』をもっと見られる」とのタイトルで“ランクイン”した。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

日本で行われるMLB史上最速の開幕となるマリナーズ対アスレチックス戦も

 メジャーリーグはスプリングトレーニングを間近に控え、ファンたちの野球熱も高まってきている。そんな中、米メディアは「2019年の野球が素晴らしい19の理由」を選出。今季、打者に専念するエンゼルス・大谷翔平投手の名前も挙がり、「『打者・オオタニ』をもっと見られる」とのタイトルで“ランクイン”した。

【PR】大谷翔平、衝撃のMLB1年目を振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

「2019年の野球が素晴らしい19の理由」と見出しを付け、今季のMLBを予想したのは米スポーツメディア「スポルティングニュース」だった。記事では、昨季新人王を争ったミゲル・アンドゥハー(ヤンキース)やロナルド・アクーニャJr.(ブレーブス)、フアン・ソト(ナショナルズ)らと共に大谷も紹介し「もう一人の25歳以下の才能溢れる選手であるオオタニは、マウンド上での支配力と打席内での強力な打棒で昨シーズン球界に衝撃を与えた」と昨季の活躍を絶賛している。

 そして、昨季トミー・ジョン手術を受け今シーズンは「打者・大谷」としてメジャー2年目を迎えることに「彼はシーズンの大半で指名打者としてプレーすることになる。2019年は彼の二刀流の半分しかお目にかかれないが、それだけでも十分楽しめるはずである。彼はその走力で悠々と三塁打を放ち、それと同様に、420フィート(約128メートル)の本塁打を放つことになるだろう」と、大きな期待込めている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」