野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 破格の年俸、今季最高シャーザーの約41億円 19年選手年俸リストを米全国紙公開

破格の年俸、今季最高シャーザーの約41億円 19年選手年俸リストを米全国紙公開

日本ではあり得ないような超大型契約が多発するメジャーリーグ。このほど米全国紙「USAトゥデー」電子版は2019年の選手年俸一覧リストを公開。メジャートップ選手が稼ぎ出す破格の金額に、驚きの連続になることは間違いない。

ナショナルズのマックス・シャーザー【写真:Getty Images】
ナショナルズのマックス・シャーザー【写真:Getty Images】

ナショナルズはシャーザー、ストラスバーグの2投手に80億円以上を投資

 日本ではあり得ないような超大型契約が多発するメジャーリーグ。このほど米全国紙「USAトゥデー」電子版は2019年の選手年俸一覧リストを公開。メジャートップ選手が稼ぎ出す破格の金額に、驚きの連続になることは間違いない。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 今オフのFA市場で最大の目玉選手といわれたブライス・ハーパー外野手とマニー・マチャド内野手の移籍先が決まっていない。今後大きな契約が結ばれる可能性は大いにあるが高額年俸リストトップ10には驚きの金額が並んでいる。

 現段階での2019年最高年俸に輝いたのはナショナルズのマックス・シャーザー投手。サイ・ヤング賞3回、最多賞4回、最多奪三振賞3回などメジャー屈指の右腕の年俸は3740万ドル(約41億1500万円)だ。さらに2位は同チームのスティーブン・ストラスバーグ投手で3642万ドル(約40億700万円)。ナショナルズは2選手だけで約80億円を超える金額を投資していることになる。

 3位は昨年1位に輝いたエンゼルスのマイク・トラウト外野手で3408万ドル(約37億5000万円)、4位はダイヤモンドバックスのザック・グリンキー投手で3242万ドル(約35億7000万円)と続いている。

 なお日本人選手のトップはヤンキースの田中将大投手の2200万ドル(約24億2000万円)で22位、ダルビッシュ有投手は2000万ドル(約22億円)で33位にランクインしている。

 日本での今季最高年俸は巨人・菅野智之投手の6億5000万円(推定)とされている。この金額だけでも夢のような数字だが、メジャートップ選手は菅野の何倍もの年俸を稼いでいる。改めてメジャーリーグのスケールの大きさを感じさせられる年俸リストといえるだろう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」