野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ安田もバックスクリーン右へ“1号” 平沢に続きドラ1が豪快弾揃い踏み

ロッテの安田尚憲内野手が9日、Lamigoモンキーズと対戦する今年初の対外試合「アジアゲートウェイ交流戦パワーシリーズ2019 in石垣島」で、“今季1号”を放った。

今季初となる対外試合のラミゴ戦で本塁打を放ったロッテ・安田尚憲【画像:(C)PLM】
今季初となる対外試合のラミゴ戦で本塁打を放ったロッテ・安田尚憲【画像:(C)PLM】

2回に3ランで対外試合初本塁打、初回には平沢がバックスクリーンへ“1号”

■ロッテ – Lamigo(9日・石垣)

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテの安田尚憲内野手が9日、Lamigoモンキーズと対戦する今年初の対外試合「アジアゲートウェイ交流戦パワーシリーズ2019 in石垣島」で、“今季1号”を放った。

 初回に大量7点を奪ったロッテ。2回も勢いは止まらず、安田は8点リードの1死一、二塁でこの試合2度目の打席へ。1ボールからの2球目、高めへのボールを捉え、バックスクリーン右に運んだ。最後はセンターがジャンピングキャッチを試みたものの、その上を越えて客席に飛び込んだ。

 初回には2015年ドラ1の高卒4年目・平沢がバックスクリーンに2ランを放っていたが、2017年ドラ1の高卒2年目・安田も続いた。ロッテの将来を担う若手野手が強烈なアピールを見せている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」