野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • 新たな観戦の形に―ベイスターズが感じたビジターライブビューイングが秘める可能性

新たな観戦の形に―ベイスターズが感じたビジターライブビューイングが秘める可能性

球団創設から今年で70周年を迎える横浜DeNAベイスターズ。DeNAが親会社となり1年目の2012年は、本拠地での年間観客動員数は116万5933人だったが、7年目の2018年は202万7922人という大台突破に成功した。この背景には、チームが実力を上げた事実と同時に、横浜の街とともにスポーツを盛り上げていこうという事業側の努力もある。

ビジターゲームでのライブビューイング増加を目指すベイスターズの経営・IT戦略部長の林裕幸さん【写真:編集部】
ビジターゲームでのライブビューイング増加を目指すベイスターズの経営・IT戦略部長の林裕幸さん【写真:編集部】

ビジターゲームを横浜スタジアムから盛り上げる新たな応援方法

 球団創設から今年で70周年を迎える横浜DeNAベイスターズ。DeNAが親会社となり1年目の2012年は、本拠地での年間観客動員数は116万5933人だったが、7年目の2018年は202万7922人という大台突破に成功した。この背景には、チームが実力を上げた事実と同時に、横浜の街とともにスポーツを盛り上げていこうという事業側の努力もある。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 特別仕様のユニホームや各種イベントが行われる「YOKOHAMA STAR☆NIGHT」「YOKOHAMA GIRLS☆FESTIVAL」などの定着に加え、昨季は球界初の試みとして「ホテル横浜ガーデン」とオフィシャルホテル提携を結び、パッケージツアー付き宿泊プランを販売するなど、絶えず新たな挑戦に取り組んできた。さまざまな新事業の仕掛け人の1人でもある経営・IT戦略部長の林裕幸さんによると、オフィシャルホテルの利用は当初、地方に住むファンの利用を想定していたが、「実際は横浜や神奈川に住むファンの方にも多く利用していただきましたね」という。

 想定外の好反響を得たという点では、昨年初めて行われた「ビジターゲームBAYライブビューイング」も同じだ。それまでクライマックスシリーズ(CS)や日本シリーズでは行われていたライブビューイングだが、シーズン中にビジターでの試合を横浜スタジアム内で放映したのは昨年が初。その時の盛り上がりを、林さんはこう振り返る。

「実施したのは9月11日から13日までの広島戦でしたが、チームがどこにいても、ファンの皆さんが応援したいと思う気持ちは一緒。横浜スタジアムから広島に向かって、大きな声援を送っていました。生観戦ではなくても横浜スタジアムでライブ中継を見ながら、他のファンの皆さんと一緒にチームを大いに盛り上げる。これはまた、新しい観戦の形なのかもしれません」

「横浜スポーツタウン構想」を具現化するDeNAベイスターズは、横浜や神奈川といった地域に密着した球団・球場の在り方を目指す。地域の住民が気軽に立ち寄れるライブビューイングは、格好の橋渡し役となりそうだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」