野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ石垣島キャンプ恒例のファン交流 日本と台湾の両ファンが熱い応援

2月9、10日に沖縄県石垣市で行われた台湾プロ野球(CPBL)Lamigoモンキーズとの「アジアゲートウェイ交流戦Power Series2019 in 石垣島」には、2日併せて7500人の観客が詰めかけた。石垣市の2月の観光客は平均9万人前後なので、この1割弱が試合観戦に訪れた計算になる。

ロッテ・井口監督【写真:佐藤直子】
ロッテ・井口監督【写真:佐藤直子】

日本、台湾から交流戦観戦にツアー客が来島

 2月9、10日に沖縄県石垣市で行われた台湾プロ野球(CPBL)Lamigoモンキーズとの「アジアゲートウェイ交流戦Power Series2019 in 石垣島」には、2日併せて7500人の観客が詰めかけた。石垣市の2月の観光客は平均9万人前後なので、この1割弱が試合観戦に訪れた計算になる。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 春季キャンプの開催時期に合わせて千葉ロッテマリーンズはオフィシャルツアーを実施している。ツアーは第1クール、第2クールともに3種類ずつ用意され、それぞれ通常は立ち入ることができないエリア(第1、2球場、ブルペン、室内練習場)での見学や、選手のウォーミングアップの見学、選手との撮影会やサイン会などの特典が組み込まれている。またキャンプで実際に使用したボールも1個付くなど至れり尽くせり。その中でも人気があるのが、Lamigoとの交流戦を含む日程だ。

 練習試合当日の朝、サブグラウンドを歩くツアーの一団は、やや年配の人が多い。キャンプオリジナルのキャップを被ってカメラを手にし、にぎやかに話しながら見学。参加者の1人は「金曜日に千葉から来たんだよ。キャンプって広いし、どこで何をやっているか素人には分からない。こうして案内してもらうと見どころが分かっていいよ。石垣島は暑くってびっくりしたけどね」と話す。

 ツアーには試合観戦チケットも含まれ、バックネット裏に特別席が設けられている。入り口で並ばずに客席に座ることができるのも魅力のようだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」