野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

150キロ超連発の鷹新人コンビ 工藤監督ら首脳陣も絶賛「2人とも良かった」

ソフトバンクのドラフト1位の甲斐野央投手と2位の杉山一樹投手がシート打撃に初登板し、150キロ超を連発した。宮崎キャンプ第3クール最終日の12日、前日に続きキャンプ2度目のシート打撃が行われ、甲斐野と杉山のルーキーコンビが躍動した。

シート打撃に登板したソフトバンク・甲斐野央【写真:福谷佑介】
シート打撃に登板したソフトバンク・甲斐野央【写真:福谷佑介】

シート打撃初登板でドラ1甲斐野が153キロ、ドラ2杉山が152キロをマーク

 ソフトバンクのドラフト1位の甲斐野央投手と2位の杉山一樹投手がシート打撃に初登板し、150キロ超を連発した。宮崎キャンプ第3クール最終日の12日、前日に続きキャンプ2度目のシート打撃が行われ、甲斐野と杉山のルーキーコンビが躍動した。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 先に登板したのは甲斐野。この日登板した8投手のうち、7人目でマウンドに上がると、先頭の上林誠知に対していきなり151キロ。さらに3球目には152キロを記録した。最後は左翼への二塁打となったが、これは左翼手に打撃投手が入っていたため。本来なら左飛となる当たりだった。続く川島への2球目には、この日マウンドに上がった8投手の中でも最速の153キロを記録。松田宣にも左前安打を許し、打者5人に対して2安打を浴びたが、威力あるボールを投げ込んでいた。

 続いてマウンドに上がった杉山も、塚田への初球でいきなり151キロを記録。さらに2球目でこの日最速の152キロをマークし、こちらも150キロ台を連発した。川瀬、西田から空振り三振を奪い、打者5人に対して1安打2三振。鋭い縦のスライダーのキレも良く、能力の高さを感じさせた。

 工藤公康監督は「2人とも良かった。スピードもそうだし、決め球もある。この時期にあれだけの球を投げられれば、十分だよ」と即戦力右腕2人を高く評価。倉野信次投手コーチも「甲斐野はスピードもしっかり出ていたし良かったと思います。スピードが魅力。まだこれからもう少し上がると思います。杉山も良かった。球の質がいい。腕の振り以上の球が来る。クイックになっても球速が落ちないし、非常に良かった」と頷いていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」