野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平の5月復帰に“手のひら返し”記者が新提言「今季は打席に立つべきでない」

大谷翔平の5月復帰に“手のひら返し”記者が新提言「今季は打席に立つべきでない」

昨年10月に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けたエンゼルスの大谷翔平投手。今季は指名打者に専念し、ブラッド・オースマス監督は5月復帰を目標と明かしたが、米国の名物コラムニストは打者としての復帰を急ぐことが投手・大谷に対するリスクと主張。5月復帰プランに苦言を呈している。米経済紙「フォーブス」が報じている。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

昨年は開幕前の大谷を過小評価し、活躍後に謝罪したバリー・ブルーム記者

 昨年10月に右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けたエンゼルスの大谷翔平投手。今季は指名打者に専念し、ブラッド・オースマス監督は5月復帰を目標と明かしたが、米国の名物コラムニストは打者としての復帰を急ぐことが投手・大谷に対するリスクと主張。5月復帰プランに苦言を呈している。米経済紙「フォーブス」が報じている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 大谷翔平を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

「エンゼルスはショウヘイ・オオタニを打者として復帰させることに慎重過ぎるほど慎重にならなければいけない」

 こんなタイトルで特集したのはバリー・ブルーム記者だった。記事ではトミー・ジョン手術後の投手としてのリハビリのガイドラインは通常12か月から18か月要するとされていることを指摘しながら、「投手として復帰を見込まれるDHに対する概念は存在しない」とし、二刀流選手の肘の手術からの復帰、リハビリという前例のなさを指摘した。

 そして、「右腕投手であり、左打ちの打者であるオオタニはスイングやスライディング、走塁中の衝突で再び故障する可能性がある」とリスクの存在を強調している。

 オースマス監督も打者としての復帰が、投手・大谷の復帰プランに影響を与えることを懸念しているという。

「我々が最大限慎重になるだろうと話している理由だと思う。なぜなら、もしも、2020年に投げられるようになることに対して、DHでプレーすることが影響を与えるかもしれないという事実を我々は望まないからだ」と指揮官は語ったという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」