野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

元ヤクルト・田中浩康氏、新たな人生の“打席” 決めた「覚悟」と「スタンス」

ヤクルト、DeNAでプレーし、昨季限りで現役を引退した田中浩康氏が新たな野球人生をスタートさせた。14年間の現役生活に幕を下ろし、2月6日から母校・早稲田大学の硬式野球部のコーチに就任。指導者として勉強しながら、様々なことに挑戦していく。

早稲田大野球部のコーチに就任した田中浩康氏【写真:編集部】
早稲田大野球部のコーチに就任した田中浩康氏【写真:編集部】

2月から早大野球部コーチ、4月からは大学院生としてマネジメントを学ぶ

 ヤクルト、DeNAでプレーし、昨季限りで現役を引退した田中浩康氏が新たな野球人生をスタートさせた。14年間の現役生活に幕を下ろし、2月6日から母校・早稲田大学の硬式野球部のコーチに就任。指導者として勉強しながら、様々なことに挑戦していく。二塁手でベストナイン2回、ゴールデングラブ賞に1回を獲得した名プレーヤーは今後、どのような道に進んでいくのか、話を聞いた。

【写真】「ホームラン王の1.5倍くらい体でかい」…ロッテ新助っ人バルガスとDeNAソトの“親友”2ショットが話題

 次第に熱を帯びていった。東京・東伏見の早大硬式野球部の安部球場。ある日の最後のメニュー、走塁練習の時だった。田中コーチは選手たちを二塁ベース上に集め、声をかけ、身振り手振りで指導をした。そして、リードからスタートを切る動作を自ら繰り返し、実践してみせた。低い姿勢から、走り出す時、大学生に負けないキレの良さがあった。

「まだ(現役を)終えたばかりですからね。ただ、これからも健康ではいたいですよね」

 少しだけ笑みを浮かべていた。田中コーチの動きに、プロの技術を見た気がした。

 早稲田大は元ロッテ、大リーグで活躍した小宮山悟氏が昨年9月に監督に就任。そしてコーチとして田中浩康氏がやってきた。大学生にとってみたら、昨年までプロ野球の世界で戦っていた選手が目の前にいる。こんなに大きなことはない。だが、田中コーチは足元を見つめる。

「元プロの方はたくさんいますから」

 多くを語らなかったが、「元プロ野球選手」という肩書を振り回して、指導していくつもりはないと、表情は言っているようだった。

 現役を引退し、いろんなことを勉強したいと、野球解説、野球振興、SNS、有料記事の執筆にチャレンジをしている。そして、2月からは母校の野球部の指導者、4月からはスポーツマネジメントを学ぶため、大学院生になるという。

 「小宮山監督から指導するチャンス、お話をいただきました。選手をやってきたので、その経験を生かしたいという気持ちはありました。指導者としての勉強をしたいという自分の気持ちも重なって、覚悟を決めて、(コーチを)お受けすることにしました。大学院も”勉強“です」

 田中コーチは「覚悟」という言葉を使い、責任の大きさを感じていた。昨今の大学スポーツ界では指導者の質が問われている。自身も学生時代、プロでもたくさんの指導者に巡り合ってきた。その出会いによって、選手の人生は左右する。熟考し、悩み、引き受けることにした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」