野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ヤクルト山田哲、調整順調  対外試合初打席で適時二塁打「今は結果よりも…」

ヤクルトの山田哲人内野手が、今季の対外試合初打席でいきなり結果を出した。17日に「ANA BALL PARK 浦添」で行われた中日との練習試合。5回に代打で登場すると、中日2番手の柳から左中間への適時二塁打を放った。

中日との練習試合で適時二塁打を放ったヤクルト・山田哲人【写真:荒川祐史】
中日との練習試合で適時二塁打を放ったヤクルト・山田哲人【写真:荒川祐史】

5回のチャンスで代打で登場、左中間にきっちりタイムリー二塁打

 ヤクルトの山田哲人内野手が、今季の対外試合初打席でいきなり結果を出した。17日に「ANA BALL PARK 浦添」で行われた中日との練習試合。5回に代打で登場すると、中日2番手の柳から左中間への適時二塁打を放った。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 5回先頭の松本直が左前安打で出塁。1死から塩見が中越えの適時三塁打、宮本が右翼線への適時二塁打を放ち、リードを4点に広げた。2死となり、バレンティンのところで代打で登場したのが山田哲だった。キャンプ地の大きな声援を受けて打席に立つと、きっちりと左中間へ。5点目を叩き出す適時二塁打となった。

 これが今季初の対外試合出場。史上初の3度のトリプルスリーを達成した男が早速、結果を残した。「ボールも見えていたし、良かったと思いますね。今は結果にこだわるよりもボールの見え方だったり、体重移動だったりを確認している」と語り、ここまでのキャンプ、調整が順調に進んでいることを感じさせていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」