野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍J稲葉監督が明かす清宮選出の理由「一度、自分の目で国際舞台で見てみたい」

野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督は18日、沖縄・那覇市内で記者会見を行い、3月9日、10日に開催される「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本vsメキシコ」のメンバー28人を発表した。日本ハムの清宮幸太郎内野手やヤクルトの村上宗隆内野手、オリックスの山本由伸投手ら初選出が11人というフレッシュな顔ぶれが選ばれた。

日本ハム・清宮幸太郎【写真:荒川祐史】
日本ハム・清宮幸太郎【写真:荒川祐史】

3月9日、10日のメキシコ戦メンバー28人発表、初選出は11人

 野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督は18日、沖縄・那覇市内で記者会見を行い、3月9日、10日に開催される「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本vsメキシコ」のメンバー28人を発表した。日本ハムの清宮幸太郎内野手やヤクルトの村上宗隆内野手、オリックスの山本由伸投手ら初選出が11人というフレッシュな顔ぶれが選ばれた。

クロマティ氏が明かす、米国から見た侍ジャパン「評価は高いものがあります」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 会見に臨んだ稲葉監督は今回のメンバー構成について「今回は試せる最後のチャンスだと思っています。日米を戦って自分の中でチームはある程度できている中で、プレミア12のある1年の中で、不測の事態はあり得るので、若い選手を経験させておきたいと。あの時経験させておけば良かったと後悔のないように、チームの底上げと、将来的にもジャパンを背負っていくであろう、私の想いなんですけど、選手を集めました」とその狙いを語った。

 今回、最大の注目となる清宮を選んだ理由について、指揮官は「あの19歳の若さでバッティングは長けているものがある。1度僕の目で国際舞台で見てみたい、と。彼自身の課題はたくさんありますが、1度見てみたいと思い呼びました」と明かす。さらに、清宮と村上というプロ2年目となる19歳について「彼ら2人はバッティングには期待している部分。どんどん振っていけるタイプ。国際舞台でも初球から臆することなく振っていって、相手に向かっていく姿勢、若さを出していってほしい」と期待を口にしていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」