野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

G菅野&坂本、ヤクルト山田哲、DeNA筒香…侍メンバーから外れた主な選手

野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督は18日、沖縄・那覇市内で記者会見を行い、3月9日、10日に開催される「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本vsメキシコ」のメンバー28人を発表した。日本ハム清宮幸太郎内野手やヤクルト村上宗隆内野手、オリックス山本由伸投手ら、初選出が11人に上るフレッシュな顔ぶれが集まった。

昨年の日米野球にも出場したヤクルト・山田哲人【写真:Getty Images】
昨年の日米野球にも出場したヤクルト・山田哲人【写真:Getty Images】

清宮や村上ら初選出11人、稲葉監督「試せる最後のチャンス」

 野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督は18日、沖縄・那覇市内で記者会見を行い、3月9日、10日に開催される「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本vsメキシコ」のメンバー28人を発表した。日本ハム清宮幸太郎内野手やヤクルト村上宗隆内野手、オリックス山本由伸投手ら、初選出が11人に上るフレッシュな顔ぶれが集まった。

クロマティ氏が明かす、米国から見た侍ジャパン「評価は高いものがあります」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 会見に臨んだ稲葉監督は「今回は、まだ見ていない、力のある選手を試せる最後のチャンスだと思っています。日米を戦って自分の中でチームはある程度できている中で、プレミア12のある1年の中で、不測の事態はあり得るので、若い選手を経験させておきたいと。あの時経験させておけば良かったと後悔のないように、チームの底上げと、将来的にもジャパンを背負っていくであろう選手を集めました」と、メンバー選考の意図を説明。今回の若手主体となるメンバー構成の狙いを語った。

 それでは、今回の侍ジャパンメンバーから外れた主だった選手は誰だろう。まずは、昨秋の「2018日米野球」メンバーから見ていこう。

○投手
岸孝之(楽天)、大瀬良大地(広島)、上沢直之(日本ハム)、東浜巨(ソフトバンク)、岡田明丈(広島)、多和田真三郎(西武)、岩貞祐太(阪神)、松井裕樹(楽天)、佐藤優(中日)、濱口遥大(DeNA)、成田翔(ロッテ)、笠原祥太郎(中日)、高梨雄平(楽天)

○捕手
森友哉(西武)、會澤翼(広島)

○内野手
山田哲人(ヤクルト)、田中広輔、菊池涼介(いずれも広島)、外崎修汰、源田壮亮、山川穂高(いずれも西武)

○外野手
柳田悠岐(ソフトバンク)、秋山翔吾(西武)

 日米野球に出場したメンバーのうち、実に22人が今回は選出されなかった。継続して選ばれているのは、岡本和真(巨人)、山崎康晃(DeNA)、高橋礼、甲斐拓也、上林誠知(いずれもソフトバンク)、田中和基(楽天)の6人だけ。柳田のように怪我を抱えた選手もいるが、日米野球に出場した選手の実力は、ある程度把握できていることが、今回選ばれなかった大きな理由だろう。

 上記のメンバー以外にも、日本を代表する選手たちはいる。侍常連メンバーやタイトルホルダーで、今回メンバーに入らなかった主な選手には、以下のような面々がいる。

○投手
菅野智之(巨人)、則本昂大(楽天)、千賀滉大(ソフトバンク)、宮西尚生(日本ハム)

○内野手
坂本勇人(巨人)、宮崎敏郎(DeNA)、今宮健太、松田宣浩(いずれもソフトバンク)、浅村栄斗(楽天)、中田翔(日本ハム)

○外野手
丸佳浩(巨人)、鈴木誠也(広島)、筒香嘉智(DeNA)、平田良介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、中村晃(ソフトバンク)

 菅野や坂本、丸、筒香といった日本球界を代表する選手も選ばれていない。さらには、2017年第4回WBCで一躍脚光を浴びた千賀も外れた。今秋のプレミア12や、来年の東京五輪では彼らも代表メンバーの有力な候補となってくるはず。稲葉監督は今後、どういったメンバーを構成するか注目だ。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」