野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

初選出が11人、なぜ若手ばかり? 侍J稲葉監督が語ったその狙いと意義

野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督は18日、沖縄・那覇市内で記者会見を行い、3月9日と10日に京セラドームで行われる「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本vsメキシコ」のメンバー28人を発表した。まだ、それぞれのチームでレギュラーに定着していない2年目の日本ハム・清宮幸太郎内野手やヤクルト・村上宗隆内野手らを選出。初選出が11人というフレッシュな顔ぶれとなった。

会見に臨んだ侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:福谷佑介】
会見に臨んだ侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:福谷佑介】

清宮や村上といった若手を数多く選んだ稲葉監督、会見で語ったこととは…

 野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督は18日、沖縄・那覇市内で記者会見を行い、3月9日と10日に京セラドームで行われる「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本vsメキシコ」のメンバー28人を発表した。まだ、それぞれのチームでレギュラーに定着していない2年目の日本ハム・清宮幸太郎内野手やヤクルト・村上宗隆内野手らを選出。初選出が11人というフレッシュな顔ぶれとなった。

「プレミア12」にも出場へ 初めは「嫌」だった侍ジャパンで源田壮亮が得たもの(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 球界を代表するトッププレーヤーの多くを選ぶことはせず、若い選手を中心に選んだ稲葉監督。その狙いについて、指揮官は会見で「チームを作り上げていく過程で、本番までに不測の事態や想定外なことが起きることもあると考え、このメキシコ戦は私の選択肢を増やすためにも、まだ見ていない力のある選手を試す最後のチャンスとしました」と語った。

 今秋の「プレミア12」や、来年の東京五輪に向けて、出来るだけ多くの選手を国際舞台でプレーさせ、その力をチェックする。本番前に故障者などの事態が起きた場合に備え、数多くの引き出しを作っておく。そのために、このメキシコ戦を活用することにした。

 今秋は五輪前哨戦の「プレミア12」、そして2020年になれば、五輪本番へと、ある程度固定メンバーで強化試合を戦っていくことになる。メンバーに柔軟性を持たすことができるのは、五輪本番までの間では、今回がラストチャンスとなるからだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」