野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリドラ2頓宮、1軍昇格も慢心なし 「ここからが勝負、つかんだとは思ってない」

オリックスのドラフト2位ルーキー・頓宮裕真内野手が19日、今キャンプ初の1軍練習に合流。紅白戦などの実戦で結果を残し昇格となったが「ヒットは出ているが(自分の中で)いいとは思っていない」と、さらなる高みを見据え“1軍デビュー”に向け闘志を燃やした。

今キャンプ初の1軍練習に合流したオリックス・頓宮裕真(左)【写真:橋本健吾】
今キャンプ初の1軍練習に合流したオリックス・頓宮裕真(左)【写真:橋本健吾】

キャンプ2軍スタートだったドラフト2位ルーキー頓宮がこの日から1軍昇格

 オリックスのドラフト2位ルーキー・頓宮裕真内野手が19日、今キャンプ初の1軍練習に合流。紅白戦などの実戦で結果を残し昇格となったが「ヒットは出ているが(自分の中で)いいとは思っていない」と、さらなる高みを見据え“1軍デビュー”に向け闘志を燃やした。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 この日は雨天により予定されていた紅白戦が中止。1軍昇格後、初の紅白戦は翌日に持ち越され室内練習場で汗を流した。1軍メンバーとの初練習を終えた頓宮は「見られている緊張感はありました。監督からは『気にせずやってくれよ』と言ってもらったので」と、気負いすることなく打撃練習などを行った。

 吉田正ら先輩メンバーと話しこむ場面もあり「内角に対しての打ち方、追い込まれている時の考えかたとかです」と語り、貪欲に1軍レベルの技術、思考を吸収した。

 今キャンプは2軍スタートだったが、実戦で結果を残し待望の1軍昇格。それでも「ヒットは出ていますが(自分の中で)いいとは思っていない。ここからが勝負、まだ掴んだとは思っていない」と冷静に自身を分析。20日の紅白戦に向け「結果が一番ですけど試したいこともある」と、一喜一憂することなく開幕1軍を目指していく。

(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」