元日ハムのアルシアがメキシコチームに入団 元DeNA久保康友との対戦も

昨年は日本ハムでプレーしたオズワルド・アルシア【写真:石川加奈子】
昨年は日本ハムでプレーしたオズワルド・アルシア【写真:石川加奈子】

首都メキシコシティを本拠地とするディアブロス・ロホスに入団

 元日本ハムのオズワルド・アルシア外野手が、今季はメキシコリーグでプレーすることが分かった。首都メキシコシティを本拠地とするディアブロス・ロホス・デル・メヒコが球団公式ツイッターで「ベネズエラ人外野手のオズワルド・アルシアが、2019年ディアブロスのユニホームに袖を通す準備は整った。ようこそ、君の家そして君の街へ!」と歓迎の言葉とともに契約を報告している。

 アルシアはツインズなど米球団を経て、昨シーズンは日本ハムでプレー。89試合に出場し、打率.222、14本塁打、43打点と芳しい成績を残せず、シーズン終了後に退団が発表されていた。

 今季、メキシコリーグでは元DeNAの久保康友投手がブラボス・デ・レオンと契約しており、メキシコでアルシアと対戦する可能性も高そうだ。

(Full-Count編集部)

朝日新聞スポーツシンポジウム

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY