野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン4番の最有力候補 巨人岡本に稲葉監督が求めているもの

野球日本代表「侍ジャパン」は3月9日、10日に京セラドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本vsメキシコ」を戦う。2月18日には稲葉篤紀監督が沖縄・那覇市内でメンバー28人を発表。日本ハムの清宮幸太郎内野手やヤクルトの村上宗隆内野手ら高卒2年目の19歳も選出されるなど、若いメンバー構成が注目を集めた。

侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:福谷佑介】
侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:福谷佑介】

4番は「これからじっくり考えたい」も…岡本が最有力候補となる稲葉ジャパン

 野球日本代表「侍ジャパン」は3月9日、10日に京セラドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本vsメキシコ」を戦う。2月18日には稲葉篤紀監督が沖縄・那覇市内でメンバー28人を発表。日本ハムの清宮幸太郎内野手やヤクルトの村上宗隆内野手ら高卒2年目の19歳も選出されるなど、若いメンバー構成が注目を集めた。

クロマティ氏が明かす、米国から見た侍ジャパン「評価は高いものがあります」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 稲葉監督も「本番までに不測の事態や想定外なことが起きることもあると考え、このメキシコ戦は私の選択肢を増やすためにも、まだ見ていない力のある選手を試す最後のチャンスとしました」と会見で語り、今秋の「プレミア12」や来年の東京五輪に向けた選手発掘、国際経験を積ませる場としてこのメキシコ戦を活用することにした。

 侍ジャパン初招集が、実に11人を数えるフレッシュな顔ぶれとなったメキシコ戦メンバー。昨秋に行われた「2018日米野球」から継続して選ばれたのは、DeNAの山崎康晃投手、ソフトバンクの高橋礼投手、甲斐拓也捕手、上林誠知外野手、楽天の田中和基外野手、そして巨人の岡本和真内野手だ。

 今回のメキシコとの2試合では、岡本が4番の最有力候補だろう。昨秋の日米野球では第1、4戦目で西武の山川穂高内野手、第2、3、5戦目ではソフトバンクの柳田悠岐外野手が4番に入り、第6戦は岡本が務めた。稲葉監督は会見で「何人か(4番)候補はいるんですが、まだ考え中で答えは難しい。若くて長打力のある選手もいますので、これからじっくり考えたいと思います」と語っていたが、メンバー構成を見ても岡本が最有力。他の候補となるのはオリックスの吉田正尚外野手、阪神の大山悠輔、そして若手抜擢という意味での清宮や村上といったところか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」