「イチローは永遠」ー296日ぶり実戦&306日ぶり快音に地元ファン大熱狂

アスレチックスとのオープン戦で適時打を放ったマリナーズ・イチロー【写真:Getty Images】
アスレチックスとのオープン戦で適時打を放ったマリナーズ・イチロー【写真:Getty Images】

アスレチックスとのオープン戦で「7番・左翼」で先発、2打数1安打2打点

 マリナーズのイチロー外野手が22日(日本時間23日)、オープン戦本拠地開幕となったアスレチックス戦で「7番・左翼」で先発出場。3回の第2打席で右前2点打を放つ活躍を見せた。昨年5月以来296日ぶりの実戦で見せた安打製造機の健在ぶりに、地元ファンはツイッター上で大興奮。「全ての瞬間で観衆を魅了してくれる」「イチローは永遠だ」「なんてクールなんだ!」と驚きと称賛の声をあげている。

 その一打でピオリア・スタジアムの観衆が沸いた。2-0で迎えた3回2死満塁で、イチローが魅せた。カウント2-2からの左腕ライアン・バクターの90マイル(約145キロ)のファストボールに詰まりながらも、打球を右前に落とした。昨年4月22日の敵地レンジャーズ戦以来306日ぶりの安打。スタンドのどよめきが大歓声に変わった。

 昨年マリナーズに復帰したイチローだが、5月2日の本拠地アスレチックス戦を最後にロースターから外れ、会長付特別補佐に就任。試合中はベンチ裏でチームを支える日々が続き、ベンチ入りも296日ぶりだった。そして、招待選手として迎えた久々の実戦で結果を出した背番号51に、地元ファンはツイッターで大喜びしている。

「イチローは45歳にして、自分しかできないことを見せてくれる。なんてレジェンドなんだ」

「イチローを愛している」

「イチローは永遠だ」

「イチローは全ての瞬間で観衆を魅了してくれる」

「イチローは45歳。依然としてタイムリー安打を打てるんだ」

「現時点で2019年MLBの打点王に。マリナーズとともに日本に行く。なんてクールなんだ!」

「イチロー健在だ」

「ちょっと待て、イチローはまだプレーしているのか」

「まだ現役でいてくれて最高!」
 
 ブランクを感じさせない背番号51のバット。45歳のレジェンド健在に、メジャーファンは熱狂している。

(Full-Count編集部)

SPOZONE 日本人選手所属チーム、全試合LIVE配信中!

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY