野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

昨秋王者・札幌大谷、厳しい冬を乗り越え初の選抜へ 「うちでしかできないこと」

昨秋の明治神宮野球大会を制した札幌大谷が、充実の冬を過ごしている。室内練習場にとどまらず、厳しい寒さの中、雪上練習を敢行。初出場する第91回選抜高校野球大会(3月23日開幕、甲子園)にパワーアップして臨む。

雪上練習を行う札幌大谷の選手たち【写真:編集部】
雪上練習を行う札幌大谷の選手たち【写真:編集部】

真っ白な雪で覆われたグラウンドでダッシュを行うナインたち

 昨秋の明治神宮野球大会を制した札幌大谷が、充実の冬を過ごしている。室内練習場にとどまらず、厳しい寒さの中、雪上練習を敢行。初出場する第91回選抜高校野球大会(3月23日開幕、甲子園)にパワーアップして臨む。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 気温マイナス5度という寒さの中、選手たちが真っ白な雪で覆われたグラウンドに飛び出した。長靴ではなくスニーカーのまま50メートルの距離をダッシュ。前夜降り積もったばかりの数十センチの新雪をかき分けて進むのは容易ではない。中には足を取られて転び、雪まみれになる選手も。とにかく太ももをしっかり上げなければ、前に進まないのだ。

 1本走り終えると、船尾隆広監督から「開拓しろ!」と大きな声が飛んだ。選手たちはすでに踏み固めたラインを避け、深々とした新雪を選んで再び突進。10本走り終えると、全員が肩で息をするほどハードなメニューだった。

 駒大苫小牧が04、05年夏の甲子園を連覇した時の三塁手だった五十嵐大部長がノックバットを握る雪上内野ノックに加え、今年1月からこの雪上ダッシュと雪上でのサーキットトレーニングがスタートした。導入したきっかけについて船尾監督は「ずっと室内で練習していると気が滅入るので」と語る。

 専用の室内練習場にはブルペンがあり、打撃練習も同時に行えるが、本格的な守備練習は難しく、練習メニューは限られる。開放感のある屋外で思い切り体を動かすことは気分転換にもなり、長い冬を乗り越えるための工夫の一つといえる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」