野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 現役は中日松坂が断トツも、昔と大きな違い…今季達成が予想される記録【完投編】

現役は中日松坂が断トツも、昔と大きな違い…今季達成が予想される記録【完投編】

「完投」は、先発投手が試合終了まで1人で投げ切ることを言う。投手にはチームの勝敗に関係なく「完投」がつく。昭和の時代、「完投」は、先発投手の「責任」と言われてきた。しかし、投手の分業制が進んだ現在、完投はレアな記録になりつつある。

中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】
中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】

通算では金田正一の365完投が1位、10傑は全員が200勝以上&殿堂入り

「完投」は、先発投手が試合終了まで1人で投げ切ることを言う。投手にはチームの勝敗に関係なく「完投」がつく。昭和の時代、「完投」は、先発投手の「責任」と言われてきた。しかし、投手の分業制が進んだ現在、完投はレアな記録になりつつある。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 1969年の完投試合数はパが30.6%、セが26.3%、2018年はパが4.9%、セが5.0%。半世紀の間に完投数は5~6分の1に減ったことになる。

○NPB通算完投数10傑 ()は実働期間

1 金田正一 365完投(1950-1969)
2 スタルヒン 350完投(1936-1955)
3 鈴木啓示 340完投(1966-1985)
4 別所毅彦 335完投(1942-1960)
5 小山正明 290完投(1953-1973)
6 山田久志 283完投(1969-1988)
7 若林忠志 263完投(1936-1953)
8 米田哲也 262完投(1956-1977)
9 野口二郎 259完投(1939-1952)
10 東尾修 247完投(1969-1988)

 平成時代の投手は一人もいない。1位は唯一の400勝投手、金田正一。以下、200勝以上した投手が並ぶ。またすべて野球殿堂入りしている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」