野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ二木、3回無失点の好投でローテ入り前進「1番いいボールが投げられた」

ロッテの二木康太投手が27日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で行われた「球春みやざきベースボールゲームズ」の楽天戦に登板。3回35球を投げ、被安打2、2奪三振、無失点の内容。今季3試合目の実戦登板だったが「1番いいボールが投げられた」と投球内容に手応えを感じていた。

ロッテ・二木康太【写真:岩国誠】
ロッテ・二木康太【写真:岩国誠】

今季3試合目の実戦登板で好結果、直球に手応え「良くなった」

 ロッテの二木康太投手が27日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で行われた「球春みやざきベースボールゲームズ」の楽天戦に登板。3回35球を投げ、被安打2、2奪三振、無失点の内容。今季3試合目の実戦登板だったが「1番いいボールが投げられた」と投球内容に手応えを感じていた。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 初回、先頭打者が出塁する展開となったが、二木は「ブルペンは悪くなかったので、自信を持って投げた」と落ち着いていた。2死二塁で迎えた4番・島内に対して、最後は143キロのストレートで二ゴロ。力勝負で切り抜けた。

 ストレートには「ここ2試合が、ちょっと自分の中でもダメだったので、少し不安なところもあった」という。しかし、この日は「(スタメンマスクの)吉田さんと話しても、スピードガン以上の感じがあったと言ってもらえた。良くなったのでそこはよかった」。確かな手応えを感じている。

 今後は投球イニングも伸びてくるが、二木は「ここからは結果も大事。自分の課題もあるが、しっかり結果を求めてやっていかないといけない」と気持ちを引き締める。

「今日の感覚は悪くなかったので、この感覚をしっかりと持って、次にもっと良くなっているように、この1週間を大切に過ごしていきたい」

 昨年は4勝(7敗)に終わった6年目右腕。「チャンスがもらえれば」と謙虚な姿勢を見せながらも、開幕ローテーション入りを見据えて今後も着実に調整を続けていく。

(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」