野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

圧巻155キロ! 鷹ドラ1甲斐野を倉野コーチべた褒め「衝撃的な出来」「1番の収穫」

ソフトバンクのドラフト1位ルーキー甲斐野央投手が、衝撃の対外試合デビューを飾った。27日、宮崎・アイビースタジアムで行われた「球春みやざきベースボールゲームズ」西武戦。9回にマウンドに上がると、最速155キロをマークして三者凡退に封じた。

西武との練習試合で圧巻の対外試合デビューを飾ったソフトバンク・甲斐野央【写真:福谷佑介】
西武との練習試合で圧巻の対外試合デビューを飾ったソフトバンク・甲斐野央【写真:福谷佑介】

「僕が見たルーキーの初登板の印象として、3本の指に入ります」

 ソフトバンクのドラフト1位ルーキー甲斐野央投手が、衝撃の対外試合デビューを飾った。27日、宮崎・アイビースタジアムで行われた「球春みやざきベースボールゲームズ」西武戦。9回にマウンドに上がると、最速155キロをマークして3者凡退に封じた。

【動画】「僕もあんな球を投げてみたい」 MLBの“鬼才”右腕がソフトバンク・千賀のフォークを大絶賛

 スタンドが甲斐野の剛球にどよめいた。先頭の山田に対しての初球で151キロをマークすると、2球目の153キロで追い込み、3球目のフォークで空振り三振。続く中田をどん詰まりの三ゴロに斬って取ると、最後はこの日4安打を放っていた木村のバットを粉砕。初球でこの日最速となる155キロを計測し、4球目の153キロでバットをへし折り、三ゴロに仕留めた。

 昨季、圧倒的な破壊力を誇った西武打線。主力は退いた後とはいえ、その力を存分に感じさせる出来となった。これにはファンだけでなく、普段間近で見ている倉野信次1軍投手コーチも驚愕した。試合後、「正直、僕が見たルーキーの初登板の印象として、3本の指に入ります。それくらいまあまあ衝撃的な出来でした」と驚きを隠さなかった。

「ブルペンとは違って、良い意味で変わった。体を使って、小手先じゃない、圧倒する投球だった。1番の収穫だった」と甲斐野をべた褒めした倉野コーチ。今後のオープン戦などの投球次第ではあるものの、「当然そうなるでしょう」と開幕1軍入りに大きく前進していることを示唆していた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」