野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

新人王も? 鷹ドラ1甲斐野に絶賛の嵐 工藤監督「素晴らしい」倉野C「圧倒」

ソフトバンクのドラフト1位甲斐野央投手に絶賛の嵐だ。27日に行われた宮崎・アイビースタジアムでの「球春みやざきベースボールゲームズ」西武戦。9回にマウンドに上がったルーキー右腕は、圧巻の投球を披露した。

圧巻の対外試合デビューを飾ったソフトバンク・甲斐野央【写真:福谷佑介】
圧巻の対外試合デビューを飾ったソフトバンク・甲斐野央【写真:福谷佑介】

対外試合初登板で圧巻の3者凡退、最速155キロも

 ソフトバンクのドラフト1位甲斐野央投手に絶賛の嵐だ。27日に行われた宮崎・アイビースタジアムでの「球春みやざきベースボールゲームズ」西武戦。9回にマウンドに上がったルーキー右腕は、圧巻の投球を披露した。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 先頭の山田に対する初球で151キロをマーク。2球目には153キロで追い込むと、3球目フォークで3球三振。続く中田をどん詰まりの三ゴロに打ち取ると、最後はこの日4安打を放っていた木村に対し、初球で最速155キロを投げ込むと、4球目でバットを粉砕。ここでも三ゴロに仕留めた。

 ドラ1ルーキーの“対外試合デビュー”が与えた衝撃度は、スコアボードに球速が表示されるたびにどよめいたスタンドが物語る。そして、衝撃を受けたのはファンだけではない。間近で見ていた首脳陣でさえ、驚きを口にしたほどだ。

 試合後、工藤公康監督は「球の力は感じましたね、155(キロ)まで出してましたしね。楽しみです。腕を振れているのは何よりも大事なこと。緊張していたとは言っていましたけど、ボールは良かったし、何の問題もなく素晴らしいピッチングだったと思います」と絶賛。さらには「ちゃんとコンディション考えて投げさせていきますよ。あのボールを見ていたら、短いイニングだったら問題はないな、とみんな感じてくれたと思う」と口にした。

 倉野信次1軍投手コーチも率直に、そのインパクトを認めた。「正直、僕が見たルーキーの初登板の印象として、3本の指に入ります。それくらい、まあまあ衝撃的な出来でした」と驚きを隠さず。武田翔太のルーキー時代、川原弘之が158キロを出した時に匹敵する衝撃だったことを明かした。

 さらに「ブルペンとは違って、いい意味で変わった。体を使って、小手先じゃない圧倒する投球だった。1番の収穫だった」とドラ1右腕を高評価。まだオープン戦すら始まっていない段階だが、ここまでの評価はうなぎ上りだ。このままいけば、開幕1軍はもちろん、1軍の主戦力、さらには新人王の有力候補にも……。甲斐野は今、それだけの可能性を感じさせてくれている。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」